ボロディン四重奏団のチャイコフスキー「弦楽四重奏曲第3番」

今日、東京は急に暖かくなり、春が近づいてきたことが感じられました。ところが管理人は今日は本当に久しぶり、1年数ヶ月ぶりに風邪を引いてしまい、自宅で休養しています。 今日はチャイコフスキーの弦楽四重奏曲第3番変ホ短調作品30を聴きました。 演奏はボロディン弦楽四重奏団です。1979年12月の旧メロディアへの録音です。 チャイコフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲルネ/エッシェンバッハのブラームス「歌曲集」

今日の3連休3日目の東京は、曇り空の寒い1日です。今年の冬は雪こそあまり降りませんが、厳冬と言って良いくらい寒い冬のように思います。 今日は、マティアス・ゲルネ(Br)とクリストフ・エッシェンバッハ(p)の演奏するブラームスの歌曲集を聞きました。Harmonia Mundiレーベルより出ている輸入盤で、CD番号はHMC902174です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル木管グループのモーツァルト「セレナード第10番『グラン・パルティータ』」

今日の東京は朝に雪が降り、雪は午前中に止んだものの、その後も日が差すことはなく、1日中たいへん寒い1日でした。今年一番の冷え込みだったのではないでしょうか。 今日はモーツァルトもセレナード第10番変ロ長調K361「グラン・パルティータ」を聴きました。13挺の管楽器で演奏されることから「13管楽器のためのセレナード」と呼ばれることも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベルチャ四重奏団の演奏会(2月1日)

一昨日2月1日、東京・四谷の紀尾井ホールで行われたベルチャ弦楽四重奏団のコンサートを聴きに行きました。 ベルチャ四重奏団は、現在ではアルテミス弦楽四重奏団等と並び世界屈指のカルテットと聞きますが、管理人はこれまで実演でも録音でも聴いたことのない団体です。 同四重奏団の現在のメンバーは次の通りです。 コリーナ・ベルチャ(第1vn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲルネ/エッシェンバッハのシューベルト「白鳥の歌」

今日の東京は冬晴れの1日でした。管理人は妻と共に自宅近くの池袋でランチに出かけ、デパートでウィンドウショッピングを楽しみました。 今日の1曲は、マティアス・ゲルネ(Br)とクリストフ・エッシェンバッハ(p)のシューベルト「白鳥の歌」です。管理人はHarmonia Mundi Franceのゲルネのシューベルト歌曲のボックス12枚組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラウのブラームス「ヘンデル変奏曲」

今日の東京は晴れのち曇りの寒い1日です。 今日はクラウディオ・アラウの演奏するブラームス「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」作品24(以下「ヘンデル変奏曲」と省略します)を聴きました。1978年4月の旧PHILIPSへの録音です。 ブラームスのヘンデル変奏曲は、作品番号で分かるようにブラームスの青年時代、28歳の時の作曲です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブレンデルのシューベルト「ピアノ・ソナタ第20番」

今日の東京は冬晴れの1日でした。最近東京では好天気が続いています。 今日は、シューベルトのピアノ・ソナタ第20番イ長調D959を聴きました。アルフレート・ブレンデルの1987年のスタジオ録音です。 管理人はシューベルトのソナタ第20番を相当な名作であると考えています。劇的な第1楽章に始まり、第2楽章は幻想的でメロディが非常に美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウィトナーのモーツァルト「管楽器のための協奏交響曲K297b」

今日1月14日の「成人の日」です。駅前などでは晴れ着姿の新成人の女性の姿が目に付きました。天気の方は「成人の日」にふさわしい晴天でした。 今日の1曲はモーツァルトの「管楽器のための協奏交響曲変ホ長調K297b」です。 演奏はアルフレード・トルスクドルフ(オーボエ)、カール・シュッテ(クラリネット)、ギュンター・シャフラッシュ(ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブダペストSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第7番『ラズモフスキー第1番』」

東京は昨日1月12日は曇り空で冷え込みの厳しい1日でしたが、今日13日は晴天で寒さは和らぎました。 今日はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番作品59の1「ラズモフスキー第1番」を聴きました。演奏はブダペスト弦楽四重奏団の1952年5月5~9日の録音です。 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番は、ベートーヴェン壮年期の創作活動が活発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスペレンのバッハ「ゴルトベルク変奏曲」

今日の東京は晴天ながらたいへん寒い1日でした。昨年夏は猛暑でしたが、今年の冬の寒さは例年並みに落ち着きそうです。 今日の1曲は、ボブ・ファン・アスペレン(cemb)の演奏するJ.S.バッハのゴルトベルク変奏曲BWV988です。録音は1990年7月9~12日です。レーベルは、管理人の所有しているCDはVirginですが、今はどこのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロムシュテットのブルックナー「交響曲第7番」

新年明けましておめでとうございます。 本年も本ブログを御愛顧の程よろしくお願い申し上げます。 新年最初の1曲は、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ドレスデン・シュターツカペレのブルックナー「交響曲第7番」です。1980年6月30日~7月3日のドレスデン・ルカ教会でのDENONレーベルへの録音です。ブロムシュテットは2000年代にラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アルゲリッチ・ショパン・リサイタル」

今年2018年は今日を含めてあと5日。年末が近づいてきました。東京は今日も好天気でした。 今日聴いたのは、マルタ・アルゲリッチ(p)の「ショパン・リサイタル」です。ショパンのピアノ・ソナタ第3番作品58、「幻想ポロネーズ」作品61、ポロネーズ第6番「英雄」作品53、3つのマズルカ作品59が、この順に収録されています。1967年1月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マズアのブルックナー「交響曲第5番」

今日の東京は冬晴れの1日でした。ただし明日以降の天気は下り坂のようです。 今日の1曲はブルックナーの交響曲第5番です。演奏はクルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。1976年11月29日から12月2日にかけての録音です。管理人の所有しているディスクのレーベルはオイロディスクですが、初出時は旧東ドイツの国営レーベル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マズアのブルックナー「交響曲第3番」

今日の東京は典型的な冬晴れの1日でした。 今日はブルックナーの交響曲第3番を聴きました。演奏は、クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。1978年1月の録音です。レーベルは、今日聴いたCDはオイロディスク(eurodisc) と表示がありますが、初出時は異なるレーベルだったのではないでしょうか。 ブルック…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スメタナ四重奏団のベートーヴェン「弦楽四重奏曲第10番『ハープ』」

今日の東京は冬晴れの1日でした。今日の1曲は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第10番「ハープ」です。演奏はスメタナ弦楽四重奏団です。1979年10月24ー30日のDENONレーベルへの録音です。 管理人は今週の日曜12月2日、サントリーホールでミュンヘン・フィルの演奏を聴き感動しました。しかし管理人は学生の頃からオーケストラよりも室…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ゲルギエフ/ミュンヘン・フィル、ユジャ・ワンの演奏会(12月2日)

本日12月2日(日)午後、東京・赤坂のサントリーホールで、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団とユジャ・ワン(ピアノ)の演奏会を聴きました。 曲目は次の通りでした。 プロコフィエフ「ピアノ協奏曲第3番」(ピアノ: ユジャ・ワン) (中休み) ブルックナー「交響曲第9番」 管理人にとってゲルギエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルトヴェングラーのシューマン「交響曲第4番」

今日12月1日で暦上は冬に入りましたが、東京は冬とは思えない温暖な1日でした。今年の冬は暖冬なのかもません。 今日の1曲はシューマンの交響曲第4番ニ短調作品120です。演奏はヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団です。1953年5月14日のDGへのスタジオ録音です。 シューマンはブラームスと同様、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オッテンザマーのブラームス「クラリネット・ソナタ第1、2番」

今日11月24日の東京はは晴れたものの冬のように寒い1日でした。今年は冬の到来が例年より早いように思います。今年の冬が暖冬か厳冬かは分かりませんが、春の到来も早いとよいのですが…。 管理人は今日は日中、妻とともに新宿「ビックロ」に冬物衣料を買いに行きました。 今日の1枚は、ブラームスのクラリネット・ソナタ第1番へ短調作品120-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアティゴルスキーのブラームス「チェロ・ソナタ第1、2番」

今日勤労感謝の日は、東京は、寒さが感じられるものの晴天で、冬晴れのような1日でした。 今日の1枚は、ブラームスのチェロ・ソナタ第1番ホ短調作品38と第2番へ長調作品99です。演奏はグレゴール・ピアティゴルスキー(vc)とアルトゥール・ルービンシュタイン(p)です。1966年のRCAへの録音です。 ブラームスは生涯で2曲のチェロ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アラウのシューベルト「ピアノ・ソナタ第13番」

今日の東京は一日中しとしとと雨が降り続いた1日でした。 今日は、クラウディオ・アラウの演奏するシューベルトのピアノ・ソナタ第13番イ長調D664を聴きました。1981年の旧Philipsへの録音です。 シューベルトのソナタ13番は、歌謡的なメロディーの美しさに溢れた曲です。 第1楽章はなんと心優しい、純粋で、ナイーブで、美しい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more