テーマ:サッカー

W杯予想Ⅵ――F組

サッカーの南アW杯のグループリーグ予想の6回目、今回はグループFです。 F組に入ったのは、  イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア の4ヶ国である。 この中で決勝トーナメント進出を果たす国は、ぼくの予想では、  イタリア、パラグアイ の2ヶ国である。 上記4ヶ国の中で本命視されるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯予想Ⅴ――D組

サッカーの南アW杯のグループリーグの予想の続きです。 今回はD組です。 D組に入ったのは次の4ヶ国である。  ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ この4ヶ国の中で、ぼくが決勝トーナメントに進出すると予想するのは、  ドイツ、セルビア の2ヶ国である。 まずドイツだが、本来優勝候補の一角に挙げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯予想Ⅳ――C組

サッカーの南アW杯のグループリーグ各組の予想を続けます。 今回はグループCです。 C組に入ったのは、  イングランド、アメリカ、スロベニア、アルジェリア の4ヶ国である。 この中で、決勝トーナメントに進出するのは、ぼくの予想では、  イングランド、スロベニア の2ヶ国である。 まずイングランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯予想Ⅲ――B組

今日は、サッカーの南アW杯のグループリーグの予想の3回目、B組です。 B組に入ったのは、  アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ の4ヶ国である。 この中で、決勝トーナメントに進出するのは、ぼくの予想では、  アルゼンチン、韓国 の2ヶ国である。 B組の中で本命視されるのは、もちろんアルゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯予想Ⅱ――A組

昨日に続き、南アW杯のグループリーグの予想をします。今回はA組です。 A組に入ったのは、  南アフリカ(以下南ア)、メキシコ、ウルグアイ、フランス の4ヶ国である。 この中でぼくが決勝トーナメント進出を予想するのは、  南ア、メキシコ の2ヶ国である。 A組では前回ドイツ大会準優勝のフランスが敗退す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯予想Ⅰ――E組

来月6月11日、いよいよサッカー南アフリカW杯が開幕する。 ぼくのようなサッカーファンにとっては4年に1回の楽しみである。全64試合を観戦することは無理だと思うが、DVD録画を利用して、64試合の半分は観戦したいと思っている。6月は眠い毎日になりそうだ。 書店に行くとW杯関係の本がたくさん出ているようだし、ネットでもW杯関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーW杯の組み合わせ決定

ぼくのようなサッカー・ファンにとって、4年に1度の祭典である来年のW杯の1次リーグの組み合わせ抽選会が、昨日12月4日(現地時間)、開催国南アフリカのケープタウンで行われ、次のように決まった。 各組とも、一番左がその組のシード国である。  A組 南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス  B組 アルゼンチン、ナイジェリア、韓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマザキナビスコ杯、FC東京優勝!

今日11月3日、東京・国立競技場で行われた今年度のヤマザキナビスコ・カップ決勝、川崎フロンターレ対FC東京の一戦をテレビ観戦した。 得点経過は次の通りだった。 前半22分 米本(FC東京) 後半15分 平山(FC東京) 2対0でFC東京が勝ち、5年ぶり2回目のヤマザギナビスコ杯を獲得した。 前半20分までは、互…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アルゼンチン代表監督の問題

来年2010年南アフリカで行われるサッカーW杯は、予選が順調に進行している。 少し古い話になるが、南米予選では、10月14日、ディエゴ・マラドーナ監督率いるアルゼンチンが、予選最終節でウルグアイを1対0で下し、南米4位となってW杯出場を決めた。敗れたウルグアイは、コスタリカとのプレーオフに回ることになった。 アルゼンチンでマラド…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ、FC東京対ガンバ大阪

昨日9月19日は、5連休「シルバー・ウィーク」の初日でした。 息子(中2)の通う私立A校では、19、20日と文化祭です。 妻とぼくは、午前中から午後にかけて文化祭を見に行きました。息子の所属する囲碁部の様子を見たほか、書道部、美術部、写真部などの展示を鑑賞しました。特に書道部の作品のレベルの高さに驚きました。 文化祭見学が…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

サッカーJリーグ、FC東京対名古屋グランパス

昨日、東京都議選の投票をすませた後、妻と2人で、味の素スタジアムでFC東京対名古屋グランパス戦の観戦に出かけました。 Jリーグ、というかサッカーの試合を生で見るのは、昨年のゴールデンウイーク以来です。その時のカードも同じFC東京対名古屋グランパスでした。 開幕スタートに失敗したFC東京ですが、MF石川の大ブレイクという嬉しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CL決勝、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッド

サッカーのチャンピオンズ・リーグ決勝、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドは、5月27日夜(日本時間28日早朝)ローマで行われ、バルセロナ(以下「バルサ」と省略します)が2対0(前半1対0)でマンチェスター・ユナイテッド(以下「マンU」と省略します)を下し、栄冠に輝いた。 立ち上がりはマンUがボール支配で上回り優位に見えた。だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

W杯アジア予選、日本対バーレーン

今日3月28日、埼玉スタジアムで行われたサッカーのW杯アジア最終予選、日本対バーレーン戦をテレビ観戦した。 結果は1対0で日本の勝ち。得点は後半2分、中村俊輔のフリーキックによるものだった。 前半は、日本がボール支配で圧倒し、攻勢に立った。しかし、何回かCK、FKのチャンスがあったものの生かすことができなかった。バーレーンの身長…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クラブW杯、マンチェスターU対ガンバ大阪

今日横浜国立競技場で行われた、クラブW杯準決勝、マンチェスター・ユナイテッド(以下、「マンU」と省略します)対ガンバ大阪の試合をテレビ観戦した。 結果は、マンU 5対3 ガンバ だった。 得点経過は次の通り。 前半28分、ビディッチ。 前半46分、クリスチャーノ・ロナウド 後半29分、山崎 後半30分、ルーニー …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

W杯最終予選の日本代表

少し古い話になるけれど、サッカーの2010年W杯のアジア最終予選の組合せが6月27日、次のように決まった。 A組 オーストラリア、日本、バーレーン、ウズベキスタン、カタール B組 韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAE 各組1位と2位は、W杯の出場権がそのまま得られる。各組3位同士でアジア5位決定戦を行い、その勝者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、スペイン優勝!

ユーロ2008決勝、ドイツ対スペインは、6月29日(日本時間30日早朝)行われ、スペインが1対0(前半1対0)でドイツを下し、11大会ぶり2度目の優勝を遂げた。 立ち上がりはドイツ優位かと見えたが、スペインもすぐ得意のパスが通るようになり反撃。前半21分、FWフェナンド・トーレスのシュートがポストを叩くシーンもあった。そして前半3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、スペイン対ロシア

6月26日(日本時間27日早朝)行われたユーロ2008準決勝第2試合、スペイン対ロシアをTV観戦した。結果は3対0(前半0対0)でスペインの勝ち。これで決勝はドイツとスペインの間で争われることになった。今日の試合の得点経過は次の通りだった。 後半5分、スペインはイニエスタのパスからシャビが決めた。 後半28分、スペインはセスク・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、オランダ対ロシア

6月21日(日本時間22日早朝)行われた、ユーロ2008の決勝トーナメント1回戦、オランダ対ロシアをTV観戦した。延長戦の末、3対1でロシアがオランダを下した。得点経過は次の通りだった。 前半は0対0のまま折り返した。 後半11分、ロシアは、左サイドからのクロスをパヴリュチェンコが決めた。 後半41分、オランダは、FKからファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、ポルトガル対ドイツ

ユーロ2008決勝トーナメント1回戦、ポルトガル対ドイツは、19日(日本時間20日早朝)行われ、ドイツが3対2(前半2対1)で勝利し、準決勝進出を果した。得点経過は次の通りだった。 前半22分、ドイツは、ポドルスキーのサイド攻撃からクローゼがクロスを上げ、シュヴァインシュタイガーが決めた。 前半26分、ドイツは、シュヴァインシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO2008、決勝トーナメントへ

サッカーのEURO2008は、18日(日本時間19日早朝)まででグループ・リーグの全日程が終了し、決勝トーナメントの組合せが決まった。決勝トーナメントは19日(日本時間20日早朝)から行われる。1回戦の組合せは次の通り。  ポルトガル(A組1位) ― ドイツ(B組2位)  クロアチア(B組1位) ― トルコ(A組2位)  オラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、グループCの2試合

6月13日(金)(日本時間14日未明から早朝にかけて)、ユーロ2008のグループC、イタリア対ルーマニアとフランス対オランダの2試合が行われた。ぼくはイタリア―ルーマニア戦の後半と、フランス対オランダをTV観戦した。結果は次の通りだった。 イタリア1-1ルーマニア(前半0-0) オランダ4-1フランス(前半1-0) まずイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ2008、イタリア対オランダ

6月9日(日本時間6月10日早朝)行われた、ユーロ2008のグループC、イタリア対オランダをTV観戦した。結果は、3対0(前半2対0)でオランダの勝ち。得点経過は次の通りだった。 前半26分、相手ゴール前でこぼれたボールをファン・ブロンクホルストがミドルシュートし、ファン・ニステルローイが当てて決めた。 前半31分、オランダは相…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

W杯予選、日本対オマーン

今日6月2日横浜で行われたW杯3次予選、日本対オマーン戦をTV観戦した。3月のバーレーン戦に敗れ、これまで3次予選1勝1敗の日本としては、予選突破に向けて負けられない1戦だった。 結果は3対0で日本の勝ち。 得点経過は次の通りだった。 まず前半10分、遠藤のCKを中沢がヘッドで合わせて決めた。 次に前半21分、ロングボールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もうすぐ開幕! ユーロ2008」Ⅱ

前の記事のようにぼくは、ユーロ2008のグループリーグの勝ち上がり国を次のように予想している。  グループA スイス、ポルトガル  グループB クロアチア、ドイツ  グループC オランダ、ルーマニア  グループD ギリシア、スペイン まずグループAだが、ポルトガルは元々優勝候補に挙げられていたが、開幕を前に評判を落とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もうすぐ開幕! ユーロ2008」Ⅰ

サッカーの欧州選手権(ユーロ2008)が、欧州16ヶ国の参加により6月7日から開幕する。ユーロ2008は、参加国がヨーロッパに限られているが、世界のサッカー界においてはワールド・カップに次ぐ大イベントだ。今回の参加国とグループリーグの組合せは下記のとおり。    グループA スイス、チェコ、トルコ、ポルトガル  グループB オース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンピオンズ・リーグ、マンチェスターU対チェルシー

07-08シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーは、21日(日本時間22日早朝)モスクワで行われ、マンチェスター・ユナイテッドがPK戦の末、チェルシーを下し、9年ぶりの優勝を遂げた。得点は26分クリスチャーノ・ロナウド、45分ランパードだった。 前半はマンUが押し気味で、26分クリスチャーノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ、FC東京対名古屋グランパス

東京では、今日5月6日、4連休の4日目になってやっと快晴に恵まれました。家族3人で、味の素スタジアムで行われたJリーグのFC東京対名古屋グランパスの試合を観戦に行ってきました。 実は我が家は、味の素スタジアムのある京王線沿線にあり、味の素スタジアムまではすぐなのです。しかし、昨年は息子の中学受験でサッカー観戦どころではなく、1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

杉山茂樹『4-2-3-1』(光文社)

杉山茂樹『4-2-3-1』(光文社新書)という本を読み終えました。本書はサッカーの戦術に関する本で、ブログ仲間のIさんから教えて頂いて読んでみたのです。 サッカーの観戦といっても、観戦する人によっていろいろな視点があると思います。特定のチーム(日本代表、鹿島アントラーズ、ACミラン等)を応援するという視点、特定の選手(ロナウジーニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア選手権、日本対中国

今日、中国・重慶で行われたサッカーの東アジア選手権、日本対中国を後半のみ、TVで観戦した(前半は帰宅途中で見ることができなかった)。結果は1対0で日本の勝ち。得点は前半17分の山瀬だった。 ぼくの見た後半はスコアレスだったが、日本代表のパフォーマンスはなかなか良かったのではないだろうか。相手のラフプレーとレフリングの不利(アウェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラブW杯、ミラン対レッズ

今日行われたクラブ・ワールドカップ準決勝、ACミラン対浦和レッズをテレビ観戦した。感想を一言でいうと、レッズ惜しかった…。 試合結果は1対0(前半0対0)。得点は後半23分、セードルフだった。 カカはもちろん、DFネスタ、MFピルロ、ガットゥーゾと現役のイタリア代表をそろえた豪華ミランに対し、レッズは意思統一された戦法で対抗した…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more