テーマ:囲碁

ホン・ミンビョほか『人工知能は碁盤の夢を見るか?アルファ碁VS李世ドル』(東京創元社)

ホン・ミンビョ、キム・ジノ著、洪敏和訳『人工知能は碁盤の夢を見るか?アルファ碁VS李世ドル』(東京創元社)という本を読み終えた。 今年3月、世界の囲碁界に大きな衝撃を与える出来事が起きた。 グーグル・ディープ・マインドの開発した人工知能囲碁プログラム「アルファ碁」が韓国のイ・セドル九段を破ったのである。 囲碁は、将棋やチェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁・怒涛の10日間

今日7月20日は息子(高1)の終業式の日でした。終業式ということは成績表が渡される日です。しかし、今の息子は成績はまったく眼中にありません。 来週7月25、26日に全国高校囲碁選手権が開かれます。 息子が所属するA高囲碁部も出場(息子は副将)するのです。 全国高校囲碁選手権を前にして、息子は囲碁漬けの毎日を送っています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

囲碁と過ごした3年間

3月19日(土)に予定されていた息子(中3)の卒業式は中止されました。 もっとも息子は私立の中高一貫校に通っているので、中学校の卒業式というよりも中学3年の終業式というニュアンスが強いです。中学3年間を過ごした同級生とはまた4月になったらまた会えるわけです。 ですから、ほとんどショックはなかったようです。 親としては、中3時の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

祝・平田博則さん、世界アマ囲碁選手権日本代表!

今朝、井山裕太名人と高尾紳路九段の間で行われている囲碁の名人戦第3局がどうなったかを知ろうとして日本棋院のサイトを見たところ、思いがけないニュースを発見しました。 第32回世界アマチュア囲碁選手権日本代表決定戦で、84歳の平田博則さんが優勝し、日本代表に決定したというのです。 囲碁とか将棋というのは、思考力とか頭脳の回転が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・坂井七段、碁聖獲得!

今日8月28日の朝日新聞社会面にこんな見出しの記事が載っていました。  「坂井七段、碁聖奪取    医学部卒、異色37歳」 囲碁の第35期碁聖戦五番勝負(新聞囲碁連盟主催)の第5局で、挑戦者の坂井秀至七段(37歳)が、張ウ碁聖(30)を破り、3勝2敗で碁聖位を奪取したという記事です。 これはぼくにとってたいへん嬉しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁の中高生全国大会の結果

7月25日の記事で、息子(中3)の通学する私立A校の囲碁部が、高校チーム、中学チームとも全国大会出場を果たしたという話をしました。 今回はその結果の報告です。 まず7月26日から東京・市ヶ谷の日本棋院会館で行われた全国高校囲碁選手権で、A校高校チームは、残念ながらグループリーグで敗退しました。成績は2勝1敗でしたが、同じリーグに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁の中高生全国大会

久しぶりに息子の話題です。 息子は今年で中3です。 息子は本ブログを開設した時は、まだ小5でした。 小学校時代の写真を見るとかわいく見えるのですが、4年間で背がぐんと伸び、外見的に大きく変貌しました。中身すなわち精神面も外見なみに成長しているとよいのですが…。 息子は中高一貫の私立A校に通っています。 部活は囲碁部です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石井邦生『わが天才棋士・井山裕太』(集英社インターナショナル)

石井邦生『わが天才棋士・井山裕太』(集英社インターナショナル)という本を読み終えた。 今年10月、囲碁界に新星が現れた。わずか20歳4ヶ月の史上最年少で名人位を獲得した。井山裕太八段である。本書は、井山新名人の師匠である石井邦生九段が、わずか6歳の時の井山との出会いから、今年9月に張ウ名人(当時)に挑戦するまでを書き記した成長の軌跡で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしい出来事

今日、嬉しい、嬉しい、嬉しい出来事が2つもありました。 第1は、息子(中2)の在籍するA校囲碁部が全国大会で準優勝したのです(先程、インターネットで知ったばかりのニュースです)。 A校は5月末に行われた東京大会を勝ち上がり、昨日・今日の2日間、東京・市ヶ谷の日本棋院で行われた全国大会に出場しました。そして昨日を勝ち抜き、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

息子の囲碁大会の結果は?

何回か本ブログで書いたことがありますが、息子(中2)は通っている都内の私立A校で囲碁部に在籍しています。A校囲碁部は最近練習に熱が入り、今年の冬頃から文化部としては珍しく朝練があるほどです。 今月5月の中旬から下旬にかけて中間考査がありましたが、考査の終った次の日からさっそく朝練が再開されたました。 ところで息子から事情を聞いて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

囲碁部なのに朝練…

ぼくの息子は現在、私立中学(以下、「A校」とします)の2年生ですが、囲碁が好きで、囲碁部に所属しています。ところがA校囲碁部では、この間の冬頃から、週に2、3回、「朝練」をやるようになりました。授業時間の前に部室に来て、部活をするのです。 今日5月1日も朝練のある日でした。朝練というのは、運動部以外の部では異例のことではないでしょ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

子どもの近況

ここ数ヶ月、息子(中1)についての記事を書いていませんでした。8月下旬に、囲碁部の部活三昧の極楽的な夏休みを送ったということ、そして9月に私たち両親が文化祭に訪れたというところまで書いていました。 さて中2の2学期に入った息子ですが、生活態度は相変わらずです。勉強は二の次、三の次、囲碁中心の毎日です。息子の通っている私立校をA中学…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more