テーマ:モーツァルト

ピリスのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第12番K332」

今日も東京は暑い日が続きました。ただし管理人は暑さ慣れしてしまい、それほど苦には感じませんでした。毎年思うのですが、暑さ慣れした頃に夏が終わり、寒さ慣れした頃に冬が終わります。 今日の1曲は、マリア・ジョアン・ピリス(p)の演奏するモーツァルトのピアノ・ソナタ第12番ヘ長調K332です。1974年1、2月の東京・イイノホールでの録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリリSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第4番」

今日は晴天で気温が上がり、長かった梅雨が明けたのでは、と思わせられる一日でした。 今日の1曲は、モーツァルトの弦楽四重奏曲第4番ハ長調K157です。演奏はバリリ弦楽四重奏団の1955年2月の録音です。 モーツァルトの弦楽四重奏曲というと、第14番から19番までの6曲のいわゆる「ハイドン・セット」が有名です。しかし、それ以前の第1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリリSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第3番」

今日日曜の東京は昨日に続き好天気です。ただし明日から雨降りになるようです。 今日は昨日に続きモーツァルトの室内楽曲です。弦楽五重奏曲第3番ハ長調K515です。演奏はバリリ弦楽四重奏団とヴィルヘルム・ヒューブナー(第2va)のWestminsterへの録音です。1953年録音です。 モーツァルトは交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバン・ベルクSQのモーツァルト「弦楽四重奏曲第21番」

東京は今日も初夏のような陽気の1日でした。管理人は午後、一人で「ジュンク堂池袋店」に行き、本を探して回りました。管理人は本が好きで、書店で過ごす時間は至福のひと時です。 今日の1曲はモーツァルトの弦楽四重奏曲第21番二長調K575です。演奏はアルバン・ベルク弦楽四重奏団です。同SQの1976年のTeldec(現在はワーナークラシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリュミオーのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第1番」

今日、10連休初日の東京は、雨こそ降らなかったものの曇り空で、昨日に続いてこの季節には思えない寒さでした。30年余り続いた平成は、今日を含めてあと4日で終わります。 今日の1曲は、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調K207です。演奏は、アルテュール・グリュミオー(vn)とコリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団です。1962…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズスケ四重奏団のモーツァルト「弦楽四重奏曲第14番『春』」

東京は今週に入って気温が上がり、春の到来を感じさせる日が続いています。しかし桜の開花は、東京では、昨年より遅い3月21日と予想されています。今年は2月が寒かったことが影響しているのではないでしょうか。 さて「春」というニックネームの付いたクラシックの楽曲というと、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番、シューマンの交響曲第1番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル木管グループのモーツァルト「セレナード第10番『グラン・パルティータ』」

今日の東京は朝に雪が降り、雪は午前中に止んだものの、その後も日が差すことはなく、1日中たいへん寒い1日でした。今年一番の冷え込みだったのではないでしょうか。 今日はモーツァルトもセレナード第10番変ロ長調K361「グラン・パルティータ」を聴きました。13挺の管楽器で演奏されることから「13管楽器のためのセレナード」と呼ばれることも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スウィトナーのモーツァルト「管楽器のための協奏交響曲K297b」

今日1月14日の「成人の日」です。駅前などでは晴れ着姿の新成人の女性の姿が目に付きました。天気の方は「成人の日」にふさわしい晴天でした。 今日の1曲はモーツァルトの「管楽器のための協奏交響曲変ホ長調K297b」です。 演奏はアルフレード・トルスクドルフ(オーボエ)、カール・シュッテ(クラリネット)、ギュンター・シャフラッシュ(ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデルのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第11番『トルコ行進曲付き』」

今年の夏について「平成最後の夏」だという話を聞きました。平成は来年4月30日で終わるので今年の夏が平成最後の夏だということです。 その平成最後の夏は全国的に猛暑の夏として記録に残ることでしょう。その夏も今日8月31日で終わることになります。 さて今日の1曲はアルフレート・ブレンデルの演奏するモーツァルトのピアノ・ソナタ第11番イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラウのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第16番K570」

今日の東京は台風が到来し一日中雨です。しかし昨日まで約2週間にわたる猛暑から解放され、過ごしやすいと感じられる1日です。 今日の1曲はモーツァルトのピアノ・ソナタ第16番変ロ長調K570です。演奏はクラウディオ・アラウです。1983年4月1~7日の旧PHILIPSへの録音です。 モーツァルトのソナタK570は管理人の大好き曲…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ランスロのモーツァルト「クラリネット協奏曲」

東京は今日も、五月晴れの好天気でした。 今日の1曲はモーツァルトのクラリネット協奏曲イ長調K622です。演奏は、ジャック・ランスロ(cl)とジャン=フランソワ・パイヤール指揮パイヤール室内管弦楽団です。1963年のエラートへの録音です。 モーツァルトのクラリネット協奏曲は、言うまでもなく彼のクラリネット五重奏曲と並ぶ傑作です。管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデルのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第10番K330」

今日の東京は、暑くも寒くもない曇り空の1日です。 今日は、モーツァルトの「ピアノ・ソナタ第10番ハ長調K330」を聴きました。演奏はアルフレート・ブレンデルです。1999年6月の旧PHILIPSへの録音です。 本曲は急・緩・急の3楽章構成です。ハ長調という調性で分かるように平明な曲想です。 第1楽章はたいへん落ち着いていて優雅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェリング/ヘブラーのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第34番K378」

今日の東京は概ね晴れ、暖かさが感じられました。2月半ばとなり、一歩ずつ春に向かって進んでいるということなのでしょう。 今日の1曲は、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第34番K378変ロ長調です。演奏はヘンリク・シェリング(vn)とイングリッド・ヘブラー(p)です。1969年9月の旧PHILIPS(現在はDECCA)への録音です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンツのモーツァルト「クラリネット五重奏曲」

今日の東京は、概ね曇り空の暑い日です。ただし今年の夏は、それほどの猛暑ではないように思うのですが、どうでしょうか。 今日聴いたのは、モーツァルトの「クラリネット五重奏曲K581」です。 演奏は、アルフレート・プリンツ(cl)とウィーン室内合奏団です。1979年9月23~25日のDENONへの録音です。ウィーン室内合奏団のメンバー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

シェリング/ヘブラーのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第24番K296」

東京では最近寒い日が続いていましたが、今日の日曜日は少し寒さが和らぐようです。 今日は朝から、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ第24番K296」を聴きました。 演奏はヘンリク・シェリング(vn)とイングリッド・ヘブラー(p)です。1969年9月の旧PHILIPS(現在はDECCA)への録音です。 本曲は急・緩・急の3楽章編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイストラフのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第1~3番」

今日5月5日の東京は、曇り空で気温は昨日より下がり涼し目でした。 今日は近所のスーパーに買い物に出かけたくらいで、ほとんどの時間を自宅で過ごしました。 今日はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の第1番から3番までを鑑賞しました。ダヴィド・オイストラフ(vn、指揮)とベルリンPOの演奏です。1970年から71年にかけてEMIに録音さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ムター/オーキスのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ第24、36、43、30番」

今日の東京は、昨日と変わり、冬に逆戻りしたかのような寒い1日でした。 今日はアンネ=ゾフィー・ムター(vn)とランバート・オーキス(p)の演奏するモーツァルトのヴァイオリン・ソナタの第24番K296、36番K380、43番K547、30番K306を鑑賞しました。 2006年2月に録音されたムター/オーキスのモーツァルトのヴァイオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カサドシュ/セルのモーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」

今日も残暑の厳しい1日でした。 聞いた話では、ぼくの住んでいる都内S区の小学校では、先週から2学期が始まっているということです。しかしこの点は、都内の区や市によって違いがあるようで、従来どおり9月1日から2学期が始まる地域もあるようです。 このように住んでいる場所によって2学期の開始時期に違いがあるのは、いささか違和感を覚えます。ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パールマンのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番『トルコ風』」

今日12月22日は冬至です。今日はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」K219を鑑賞しました。 演奏はイツァーク・パールマン(vn)とジェームス・レヴァイン指揮ウィーン・ハーモニー管弦楽団です。1982年6月のDGへの録音です。 モーツァルトの5曲のヴァイオリン協奏曲はすべて、1775年のモーツァルト19歳の年に作…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ガルネリ四重奏団のモーツァルト「弦楽四重奏曲第15番」

今日の東京は、暖かった昨日から変わり、1日中曇り空の寒い日でした。 今日はガルネリ弦楽四重奏団(以下、「ガルネリSQ」と省略します)の演奏するモーツァルトの弦楽四重奏曲第15番ニ短調K421を鑑賞しました。1970年代半ばのRCAへの録音です。 モーツァルトの弦楽四重奏曲の第14番から19番までの「ハイドン・セット」は、甲乙つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデルのモーツァルト「ピアノと管楽のための五重奏曲」

今日は5連休の3日目です。東京は曇り空の涼しい1日でした。 今日はモーツァルトの「ピアノと管楽のための五重奏曲K452」を鑑賞しました。演奏者は次の通りです。  アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)  ハインツ・ホリガー(オーボエ)  エドゥアルト・ブルンナー(クラリネット)  ヘルマン・バウマン(ホルン)  クラウス・ト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブダペスト四重奏団のモーツァルト「ピアノ四重奏曲第1、2番」

今日は残暑の厳しい1日でした。 今日はモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番ト短調K478と同第2番変ホ長調K493を鑑賞しました。演奏はミエチスラフ・ホルショフスキとブダペスト四重奏団のメンバー(ジョセフ・ロイスマン(vn)、ボリス・クロイト(va)、ミッシャ・シュナイダー(vc)です。録音年月はぼくの持っている国内盤(SRCR8746…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハイフェッツ/プリムローズのモーツァルト「協奏交響曲K364」

今日はハイフェッツ(vn)、プリムローズ(va)、ソロモン指揮RCAビクター交響楽団の演奏するモーツァルト「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲K364」を鑑賞しました。録音は1956年10月2日です。 この協奏交響曲K364は、ぼくの大好きな曲です。モーツァルトの全作品の中でいちばん好きな曲はと聞かれれば、「グラン・パルティ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

モーツァルトの「ディヴェルティメント第15番K287」

今日11月29日の土曜日、東京はたいへん晴天に恵まれました。また、もうすぐ冬というこの時期としてはめずらしいほど暖かい1日でした。 今日はモーツァルトの「ディヴェルティメント第15番K287」を聴きました。演奏はコレギウム・アウレウム合奏団員です。1974年、deutsche harmonia mundiへの録音です。 モー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

W・マイヤー/アーノンクールのモーツァルト「クラリネット協奏曲」

今日の東京は1日中曇り空で、冬がすぐ近くまで到来していることを実感させられるほどの肌寒さでした。今日で3連休が終わるわけですが、ぼくは最初の日に息子(中1)とともに福山雅治主演の「容疑者Xの献身」という映画を見に行った以外は、ほとんど家で過ごしました。 今日はモーツァルトのクラリネット協奏曲イ長調K622を聴きました。演奏はヴォル…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アーノンクールのモーツァルト「グラン・パルティータ」

あっという間に11月になりました。3連休の初日の今日、久しぶりに音楽を聴く時間的余裕ができました。そこで取っておきの曲を聴こうと思い、聴いてみたのがモーツァルトのセレナード第10番変ロ長調K361「グラン・パルティータ」です。曲が13個の木管楽器で編成されていることから、「13管楽器のためのセレナード」とも称されることのある曲です。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ジュリーニのモーツァルト「レクイエム」

今日8月15日は戦後63回目の終戦の日です。第2次世界大戦の犠牲となられた何百万人の方々の御冥福をお祈り申し上げます。 また戦争の直接の犠牲になった方だけでなく、戦争によって親・兄弟などの肉親を失った方々の苦しみは今も続いています。そういったことを思う時、二度と戦争を起こさないという平和への誓いを新たにせざるをえません。 今日が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベームのモーツァルト「交響曲第41番『ジュピター』」

今日の東京は典型的な梅雨空でした。午前中は雨で、午後も雨が降ったり止んだりの1日でした。 今日は、モーツァルトの最後の交響曲、第41番「ジュピター」D551を聴きました。演奏はカール・ベーム指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団です。1962年3月のDGへの録音です。 ぼくはモーツァルトの交響曲の中では、第39番K543が最も好…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

グリュミオー/ハスキルのモーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ集」

今日はたいへん天気の良い1日でした。アルテュール・グリュミオー(vn)とクララ・ハスキル(p)の演奏するモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ4曲を聴きました。第25番K301、第28番K304、第32番K376、第34番K378の4 曲です。録音は1958年10月10日~17日です。ブログ仲間のNさんがご自分のブログで書いておられました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ラローチャのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第16番」

モーツァルトのピアノ・ソナタ第16番変ロ長調K570。この曲は、ぼくがモーツァルトのピアノ・ソナタの中で最も好きな曲だ。一般には、トルコ行進曲で有名な第11番K331とか第14番ハ短調の方が人気があるのかもしれない。けれども、ぼくは昔からずっと、第16番K570が最も好きでいる。 第1楽章は、どこか昔懐かし風の、素朴で優雅な楽章だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more