テーマ:ラヴェル

ウェルナー・ハースのラヴェル「水の戯れ」

今日は梅雨らしい曇り空の一日でした。 今日はラヴェルの「水の戯れ」を聴きました。演奏はウェルナー・ハース(p)です。1964年5月11〜16日の旧Philipsへの録音です。 ラヴェル「水の戯れ」はこのハース盤で4分55秒という小曲です。水の様々な表情を描いた曲として知られており、完成度の高い曲です。 本曲は1901年の作で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジュリーニ/RCOのラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」

ドビュッシー:海 - ジュリーニ(カルロ・マリア), ラヴェル, ドビュッシー, ラヴェル, ドビュッシー, ジュリーニ(カルロ・マリア), ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 今日の東京は一日中雨の寒い一日です。しかし明日からは好天となり気温も上昇するようです。 今年の桜の開花は、東京では3月16〜18日頃と予想されているようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケランジェリのラヴェル「ピアノ協奏曲」

今日の東京は、午後に曇りの時間帯もありましたが、1日を通してほぼ雨で、梅雨らしい1日でした。 今日聴いたのは、ラヴェルのピアノ協奏曲です。 演奏は、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(p)とエットレ・グラチス指揮フィルハーモニア管弦楽団です。1957年3月のEMIへの録音です ラヴェルは、生涯に2曲のピアノ協奏曲を作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デカーヴとパスキエ・トリオのラヴェル「ピアノ三重奏曲」

今日8月9日は長崎に原爆が投下されてから64年目に当たります。犠牲になった方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。 今年オバマ米大統領がプラハで核兵器廃絶を訴えたプラハ演説は、後世からみると世界史的意義を持ったものになるかもしれません。世界の平和を望む多くの人々に大きな希望を与えたのではないでしょうか。 それに比べ、世界で唯一の被爆…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アルゲリッチのラヴェル「夜のガスパール」

今日は、マルタ・アルゲリッチの演奏するラヴェル「夜のガスパール」を鑑賞しました。1974年11月のDGへの録音です。 最近蒸し暑い日が続いています。幻想性・怪奇味にあふれたラヴェルのピアノ名曲「夜のガスパール」は、こういう日に聴くのにふさわしいのでないでしょうか。 この「夜のガスパール」は、19世紀前半のフランスの詩人ルイ・ベル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デュトワのラヴェル「ボレロ」「スペイン狂詩曲」

東京は今日も良い天気でした。今日のような初夏の良い天気の日に、ドビュッシー、ラヴェルのフランス印象派の作品はよく似合うのではないでしょうか。 今日聴いたのはラヴェルの「ボレロ」と「スペイン狂詩曲」です。演奏は、シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団です。1981年7月のDECCAへの録音です。 まず「ボレロ」ですが、この曲…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヴラフSQのラヴェル「弦楽四重奏曲」

「6月1日「勝手にラヴェルの日」」について ラヴェルが若い時代(28歳の時)に作曲したただ1曲だけ作曲した「弦楽四重奏曲」は、CDでは、通常ドビュッシーの「弦楽四重奏曲」と組み合わされています。ドビュッシーの「弦楽四重奏曲」が弦楽四重奏曲の枠に囚われない(従って弦楽四重奏曲としての完成度は十分でない)内容を持つのに対し、ラヴェルの「弦…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

ギーゼキングのラヴェル「鏡」

ラヴェルの「鏡」は、演奏時間約3分30秒~5分の5曲からなるピアノ作品集である。5曲にはそれぞれ「蛾」「悲しい鳥」「海原の小舟」「道化師の朝の歌」「鐘の谷」と、一風変わったタイトルが付せられている。そして各曲とも、そのタイトルをイメージさせるような内容となっている。 演奏はワルター・ギーゼキングで、1954年9月の録音である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more