テーマ:ラグビー

ラグビーW杯2011の予想

今月9月9日(金)から10月にかけて、ニュージーランド(NZ)でラグビーのワールドカップ(W杯)が開催される。世界のラグビーファンにとっては4年に1度の祭典である。 参加国は20ヶ国で、5ヶ国ずつ計4組の予選プールに分かれて総当たりリーグを行い、各組で1位・2位となった計8ヶ国が決勝トーナメントに進出するという仕組みで行われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー日本選手権決勝、三洋電機対トヨタ自動車

今日、東京の国立競技場で行われたラグビー日本選手権の決勝、三洋電機ワイルドナイツ対トヨタ自動車ヴェルブリッツの試合をテレビ観戦した。 三洋電機は3年連続3回目、トヨタは23年ぶりの日本一をめざしての決勝戦である(余談だが、ラグビーの強豪というイメージのあるトヨタが22年間も日本一から遠ざかっていたとは意外だ。23年前というと、日本代表…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トライネーションズ、NZ対南ア第3戦

今日ニュージーランドのハミルトンで行われたラグビーのトライ・ネーションズ2009第8戦、ニュージーランド(NZ)対南アフリカ(南ア)戦のテレビ生中継を観戦した。 今年のトライ・ネーションズはこれまで、南アが4勝1敗、NZが2勝2敗、オーストラリア(豪州)が1勝4敗という成績。内訳は、南ア対NZが南アの2勝0敗、NZ対豪州がNZの2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライネーションズ、南ア対NZ第2戦

8月1日(現地時間)南アフリカのダーバンで行われた、ラグビーのトライ・ネーションズ、南アフリカ(南ア)対ニュージーランド(NZ)戦をテレビ観戦した。 今年のトライ・ネーションズはこれまで2試合が行われており、南アが1勝0敗、NZが1勝1敗、オーストラリアが0勝1敗である。昨日の試合は、先週の南ア対NZ(28対19で南アの勝ち)に続く第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー・トライネーションズ、南ア対NZ

昨日7月25日南アフリカのブルームフォンティンで行われたラグビーのトライ・ネーションズ、南アフリカ(南ア)対ニュージーランド(NZ)をビデオ観戦した。 トライ・ネーションズとは、南半球のラグビー強国、NZ、豪州、南アの3ヵ国の間で毎年行われる対抗戦である。各チームが、他の2カ国と3試合ずつ計6試合行って優勝を決める。 今年は開幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー、ライオンズの南ア遠征・テスト第2戦

ヒデオ録画しておいた、ブリテッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(以下、「ライオンズ」と省略します)の南アフリカ遠征、テスト・マッチ第2戦を観戦した。6月29日、南アフリカ、プレトリアで行われた試合である。 第1戦でスクラムが劣勢だったライオンズは、その反省から、FW第1列を左から、ゲシン・ジェンキンス、リース、アダム・ジョーンズとウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー、ライオンズの南ア遠征・テスト第1戦

昨日夜、南アフリカのダーバンで行われた、ラグビーのブリテッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(B&Iライオンズ、以下「ライオンズ」と省略します)の南アフリカ代表とのテストマッチ第1戦をテレビ観戦した。 ライオンズとは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの英4ヶ国の選手を集めて結成される臨時チームである。ライオンズは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー日本選手権決勝、三洋電機対サントリー

今日、東京の秩父宮ラグビー場で行われたラグビーの日本選手権決勝、三洋電機対サントリーの試合をテレビ観戦した。 三洋電機対サントリーの決勝は、昨年の決勝と同じカード。昨年40対18で悲願の初の日本一を達成した三洋にとって、今年はディフェンディング・チャンピオンとして臨む試合ということになる。名将と言われる清宮克幸監督率いるサントリーにと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラグビーW杯を振り返る

フランスを中心に約1ヶ月半にわたって行われていたラグビーW杯は、10月20日(日本時間21日早朝)に決勝戦が行われ、南アフリカ(以下「南ア」と省略します)が15対6でイングランドを下し、12年ぶり2度目の優勝を遂げた。日本代表以外では南アをずっと応援していたぼくにとっては、嬉しい結果だった。 今回の南アの優勝はかなり幸運に恵まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯、南アフリカ優勝!

フランスで開催されていた第6回ラグビーW杯は、10月20日(日本時間10月21日早朝)、決勝戦が行われ、南アフリカがイングランドを15対6(前半9対3)で下し、95年以来2度目の優勝を遂げた。 決勝戦のせいか、両チームともキックを中心にした慎重な試合運びを見せた。両チームともトライを奪うことはできないなか、5PG(モンゴメリー4P…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯、準々決勝の結果Ⅱ

2007年10月6日、フランス20ー18ニュージーランド。これは大きな番狂わせだった。優勝候補の大本命と目され、死角なしとまで言われていたニュージーランド(以下「NZ」と省略します)が、まさか準々決勝で姿を消すとは…。 フランス側から見ると、先発SOの堅実型のボクシスを起用し、逆転可能な点差内で後半途中まで試合を進め、そこでSOを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯、準々決勝の結果Ⅰ

フランスで開催中のラグビーW杯は決勝トーナメントに入り、10月6、7日に準々決勝が行われた。結果は次の通りだった。  イングランド 12―10 オーストラリア  フランス 20―18 ニュージーランド  南アフリカ 37―20 フィジー  アルゼンチン 19―13 スコットランド イングランドとフランスの勝利は大番狂わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯、いよいよ決勝トーナメント

フランスで行われているラグビーW杯は、9月30日までで予選リーグが終了し、10月6日(土)から8ヶ国による決勝トーナメントが行われる。準々決勝の組合せは次の通り(カッコ内は予選リーグでの順位)。  オーストラリア(B組1位) ― イングランド(A組2位)  ニュージーランド(C組1位) ― フランス(D組2位)  南アフリカ(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラグビーW杯、日本対ウェールズ

ラグビーW杯予選リーグ、日本対ウェールズは、20日夜(日本時間21日早朝)ウェールズのカーディフで行われ、ウェールズが72対18(前半29対11)で日本を下した。トライ数は11対2だった。これで日本は1試合(カナダ戦)を残して予選リーグでの敗退が決定した。 負け惜しみかもしれないが、点差ほどの実力差はなかったのではないだろうか。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯ラグビー、日本、フィジーに惜敗!

本当に惜しかった。日本代表は、80分の試合時間を過ぎた後も5分以上に渡り(ラグビーでは試合時間を過ぎてもプレーが継続している限りノーサイドの笛は鳴らない)、攻め続けた。走る、パスする、タックルを受けてもすぐ他のプレーヤーがサポートに来てボールを継続する、そしてまた攻める…。しかし結局トライは奪えなかった。フィジーのディフェンスも良かった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯開幕、アルゼンチン勝利!

フランスで行われる第6回ラグビー・ワールドカップは9月7日(日本時間9月8日未明)開幕した。開幕戦で、アルゼンチンが開催国フランスを17対12(前半17対9)で破る番狂わせを演じた。 サッカーに比べるとラグビーでは番狂わせはずっと少ない。身体と身体がぶつかり合うという競技の性質上、彼我の体力の差がどうしても物を言うからだ。だが今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー大畑、負傷しW杯絶望!

読売新聞ニュースによると、ラグビーの日本代表は25日、ポルトガル代表と調整試合を行い、15-13で勝利を収めたものの、エースのウイング大畑大介選手は左アキレス腱断裂の重傷を負い、9月7日開幕のW杯出場は絶望となった。またスタンドオフ(SO)安藤栄次選手も右ひざを強打し、やはりW杯出場は絶望とみられる。 昨日ぼくがラグビーW杯の記事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラグビーW杯の見どころ

日本のメディアでは大きく取り上げられていないようだけれど、ラグビーのワールドカップ(W杯)が、来月9月7日にフランスで開幕する。日本を含む20ヵ国が参加する。5ヵ国ずつ4つのプールに分かれて予選リーグを戦い、各予選リーグの上位2ヵ国、合計8ヵ国が決勝トーナメントに進出する、という仕組みだ。 ラグビーのW杯はまだ歴史が浅く、今回が6回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more