テーマ:ベートーヴェン

ブダペストSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第8番『ラズモフスキー第2番』」

今日の東京は午前中は温暖でしたが、午後から曇りとなり天気が崩れてきました。桜は満開に近づいています。 新型コロナウイルスの患者は、東京では雪だるま式に増加し昨日までで約300人となっています。都では今日明日の土日、外出自粛要請が出しました。少なくとも首都圏は、管理人がこれまでに見たことがないほどの緊張感に包まれています。 さて今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルトゥリエ/ハイドシェックのベートーヴェン「チェロ・ソナタ第5番」

今日は暖かな1日でした。新型コロナウィルスが全国各地に拡大し始めました。街で見かける人々の半数はマスクをしているように思います。不要不急な外出は控えたいものです。 今日はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第5番ニ長調作品102ー2を聴きました。演奏はポール・トルトゥリエ(vc)とエリック・ハイドシェック(p)です。1971年7月、19…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブレンデルのベートーヴェン「エロイカ変奏曲」

今日の東京は冬晴れの1日でした。 今日はアルフレート・ブレンデル(p)の演奏するベートーヴェンの「『エロイカ』の主題による15の変奏曲とフーガ」変ホ長調作品35を聴きました。1984年3月4〜10日の旧Philipsへの録音です。ブレンデルは同一の曲を複数回録音する傾向がありましたが、本曲はこれが唯一の録音のようです。 本曲はベ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュタルケル/ブッフビンダーのベートーヴェン「チェロ・ソナタ第1番」

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集 - シュタルケル(ヤーノシュ), ベートーヴェン, シュタルケル(ヤーノシュ), ブーフビンダー(ルドルフ) 今日日曜の東京は曇り空の寒い一日でした。 今日はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第1番ヘ長調作品5の1を聴きました。演奏はヤーノシュ・シュタルケル(vc)とルドルフ・ブッフビンダー(p)です…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハイティンク/ACOのベートーヴェン「交響曲第8番」

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」&第8番、他 - ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ハイティンク(ベルナルト) 正月3が日は終わりましたが、東京はいぜん晴天が続いています。 昨日、米軍がイランの司令官を殺害しイラン政府が報復を宣言するというニュースが報道されました。米国とイランの間で緊張が高まっています。米国の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第27番」

Beethoven: The 32 Piano Sonatas 今年2019年(令和元年)は今日を含めて残り3日となりました。 今日はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90を聴きました。演奏はウィルヘルム・ケンプです。1965年1月のDGへの録音です。ケンプはDGに2回にわたりベートーヴェンのピアノ・ソナタの全曲録音を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハウスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第23番『熱情』」

今日の東京は温暖な1日でした。本格的な冬の到来はまだのようです。 今日は、ウィルヘルム・バックハウスの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」を聴きました。1958年9月の録音です。 バックハウスの「熱情」ですから、ピアノ音楽のど真ん中です。 「熱情」は、「悲愴」「月光」と並びベートーヴェンの三大ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヒテルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第7番」

今日、日曜の東京は冬晴れの1日です。今日は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第7番二長調作品10ー3を聴きました。演奏は、スヴャトスラフ・リヒテルのピアノで、1976年6月のEMIへの録音です。 本曲は、急・緩・急・急の4楽章構成を取ります。 第1楽章は流麗でスケールが大きい楽章です。 第2楽章は、ベートーヴェン初期らしい、しっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデルのベートーヴェン「6つのバガテル作品126」

今日の東京は午前中は雨でしたが、午後雨は上がりました。昨日は最高気温が30度を超える夏のような1日でしたが、今日は気温がぐっと下がり秋らしい一日でした。 さて先週10月1日、銀座の王子ホールで英国人ピアニスト、ポール・ルイスのリサイクルを聴きましたが、その時アンコールでベートーヴェンの「6つのバガテル作品126」の第5曲が演奏されまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーゼルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第2番」

ペーター・レーゼル ベートーヴェンの真影 ピアノ・ソナタ全集 8 - レーゼル(ペーター) 9月も前半が過ぎましたが、東京では暑い日が続いています。今日はペーター・レーゼルの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第2番イ長調作品2の2を聴きました。 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第2番は、作品番号で分かるように彼の創作活動で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェリング/ヘブラーのベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ第7、8番

今日も爽やかで良い陽気の1日でした。美しく華やかなヴァイオリンは、今日のような春の1日に聴くのにちょうど良いのではないでしょうか。 そこで昨日のシューマンに続き、今日もヴァイオリン音楽です。今日はベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調作品30の2と、同第8番ト長調作品30の3です。演奏は、ヘンリク・シェリング(vn)とイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンヴィチュニーのベートーヴェン「交響曲第3番『英雄』」

東京は桜が開花し温暖な日が続いています。 今日はベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調作品51「英雄」を聴きました。演奏はフランツ・コンヴィチュニー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。1959~61年の旧ドイツ・シャルプラッテンへの録音です。 管理人はここ5年くらい、ベートーヴェンの交響曲をあまり聴かなくなりました。ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブダペストSQのベートーヴェン「弦楽四重奏曲第7番『ラズモフスキー第1番』」

東京は昨日1月12日は曇り空で冷え込みの厳しい1日でしたが、今日13日は晴天で寒さは和らぎました。 今日はベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番作品59の1「ラズモフスキー第1番」を聴きました。演奏はブダペスト弦楽四重奏団の1952年5月5~9日の録音です。 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第7番は、ベートーヴェン壮年期の創作活動が活発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スメタナ四重奏団のベートーヴェン「弦楽四重奏曲第10番『ハープ』」

今日の東京は冬晴れの1日でした。今日の1曲は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第10番「ハープ」です。演奏はスメタナ弦楽四重奏団です。1979年10月24ー30日のDENONレーベルへの録音です。 管理人は今週の日曜12月2日、サントリーホールでミュンヘン・フィルの演奏を聴き感動しました。しかし管理人は学生の頃からオーケストラよりも室…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ベームのベートーヴェン「交響曲第4番」

今日土曜日の東京は晴天の穏やかな1日です。管理人は妻と共に買い物に出かけた以外、自宅で過ごしました。 今日はカール・ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏するベートーヴェンの交響曲第4番を聴きました。1972年9月のDGへの録音です。 管理人は10年くらい前から、ベートーヴェンの全9曲の交響曲を聴くことはほとんどなく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シェリング/ハイティンクのベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲」

今日6月16日の東京は、前日までの雨は上がりましたが、典型的な梅雨寒で、4月頃並みの肌寒さでした。 今日の1曲は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61です。 演奏は、ヘンリク・シェリング(vn)とベルナルト・ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(録音当時の名称はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第13番」

今日の東京は蒸し暑いような1日です。 今日は、ウィルヘルム・ケンプの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第13番変ホ長調作品27の1を聴きました。1965年1月のケンプ2回目のスタジオ録音です。 ソナタ13番は、最も有名なソナタの一つである14番「月光」作品27の2の直前の曲です。「月光」と同様、緩徐楽章で開始されます。「月光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギーゼキングのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第12番『葬送』」

今日5月6日はゴールデン・ウィーク最後の1日です。管理人はゴールデンウィーク後半は、昨日5日に妻とともに横浜に観光に行った以外は、自宅で何もせず過ごしました。 今日の1曲は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第12番変イ長調作品26「葬送行進曲」です。演奏はワルター・ギーゼキング(p)の1956年10月23~25日の録音です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第11番」

今日の東京は、真夏日に当たる30度にほぼ到達する暑さでした。明日は気温が下がるようですが、この様子だと今年は夏の到来が早く猛暑の夏になるのではないでしょうか。 今日はウィルヘルム・ケンプ(p)の演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第11番変ロ長調作品22を聴きました。1965年1月のケンプ2回目のスタジオ録音です。 本曲は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレンデルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第10番」

今日は、昨日に続きアルフレート・ブレンデルです。 今日はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第10番作品14の2です。1994年6月14-21日の旧Philipsへの録音です。 ソナタ第10番は3楽章構成を取ります。第1楽章は何とも優美で、清冽で、夢を見ているような美しい楽章です。第2楽章は変奏曲形式を取っており、素朴な主題から、温和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カザルス・トリオのベートーヴェン「大公トリオ」

今日の東京は曇り空が多く寒い1日でした。今日はベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番作品96「大公」を聴きました。演奏はアルフレッド・コルトー(p)、ジャック・ティボー(vn)、パブロ・カザルス(vc)のカザルス・トリオです。1928年の録音です。 管理人はベートーヴェンの中期の終わり頃の作品を特に好んでいます。中期の「運命」交響曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラウ/デイヴィスのベートーヴェン「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」

明けましておめでとうございます。 本年も、本ブログを御愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 さて新年最初の曲は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」です。演奏は、クラウディオ・アラウ(p)とコリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ・ドレスデンです。1984年11月の旧PHILIPS(現在はデッカ)への録音です。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

トルトゥリエ/ハイドシェックのベートーヴェン「チェロ・ソナタ第3番」

今年の11月は、例年の今頃より寒い日が続いているように思いますが、今日の日曜の東京は、秋晴れの好天気でした。 今日は、ポール・トルトゥリエ(vc)とエリック・ハイドシェック(p)の演奏するベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番イ長調作品69を聴きました。1972年3月の旧EMIへの録音です。 ベートーヴェンのチェロ・ソナタといえば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハウスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第30番」

9月初めというと、例年残暑の厳しい時期です。しかし、今日の東京は気温が低く雨模様の1日です。 今日は、ウィルヘルム・ バックハウスの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番を聴きました。1962年の録音です。バックハウスの本曲2回目の録音です。 ソナタ第30番は、ベートーヴェン後期3大ソナタの最初の曲ということになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーク・トリオのベートーヴェン「ピアノ三重奏曲第5番『幽霊』」

今日の東京は曇り空の蒸し暑い1日でした。東京は8月に入ってから雨続きで、今年は異常と言えるほどの冷夏です。 今日は、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第5番「幽霊」作品70の1を聴きました。演奏はスーク・トリオです。1983年6月28日のDENONレーベルへの録音です。 本曲は、急・緩・急の3楽章構成を採ります。第1楽章は明朗闊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックハウスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第28番」

今日の東京は曇り空で、気温はあまり高くなく、過ごしやすい1日でした。 今日は、ウィルヘルム・バックハウスの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番イ長調作品101を聴きました。1963年2月の録音です。 ソナタ28番は、通常ベートーヴェンの5曲の「後期ピアノ・ソナタ」の最初の曲とされています。しかし、作曲はベートーヴェン4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケランジェリ/ジュリーニのベートーヴェン「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」

今日は雲一つない冬晴れの1日でした。 東京では今日まで1週間くらい晴天が続いており、天気予報によるとこの先も晴天が続くようです。このような天気は過ごしやすくてよいのですが、その反面、湿気が少なすぎるので火事に気を付けないといけません。また低温・乾燥だとインフルエンザ・風邪のウイルスが蔓延しやすいので、その点も注意しないいけないと自戒し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アラウのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第9番」

実に久しぶり、前回の更新が2012年6月21日だったので、なんと約4年ぶりの更新です。 読者の方々には、いったい4年もの間、何をしていたのか? オマエは生きていたのか? ブログを止めたのではなかったのか? と言われるかもしれません。 公私ともに、いろいろな出来事のあった4年間でした。 本来、当ブログは、ぼくの人生や日常生活につ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲「マイ・チョイス」Ⅱ

前回の記事で、ぼくが持っている16種類のベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集のうち、モノラル時代の3種類から選ぶとすれば、バリリSQだという話をしました。 これに対してステレオ時代の6種類は激戦です。 そこで、ステレオ時代をいったん飛ばして、デジタル時代のアルバン・ベルクSQ旧、ボロディンSQ、クリーヴランドSQ新、ガルネリSQ新、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲「マイ・チョイス」Ⅰ

今日は雑談です。 2000年代の初めだったと思いますが、クラシックの世界では、輸入盤が、特にBOXという形態で、廉価で購入できるようになり(CD1枚当たり数百円という世界です)、ぼくの購入するCDは急増しました。 同じ曲の異演盤を5種類以上も持っているというようなことが、普通の事態として起きています。 自分がいったい合計何枚の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more