アクセスカウンタ

クラシック音楽のある毎日

プロフィール

ブログ名
クラシック音楽のある毎日
ブログ紹介
東京都内に住む男性です。家族は妻と大学2年の長男、職業は自営です。趣味のクラシック音楽は、もっぱら聴く方ですが、趣味歴は約40年になります。どちらというと交響曲よりも室内楽やピアノ曲の方が好きです。他に、本(最近は主に政治経済の分野です)を読んだり、プロ野球を見たりするのが好きです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ロシアW杯決勝、フランス対クロアチア
7月15日(日)モスクワで行われたロシアW杯決勝、フランス対クロアチア戦をテレビ観戦した。フランスは初優勝を果たした1998年大会以来2回目、クロアチアは初の決勝進出である。 前評判は、クロアチアが決勝トーナメントに入ってからの3試合を連続して延長戦まで戦っていることから、体力面でフランス有利と見られていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 20:23
ロシアW杯の日本
既報の通り、ロシアW杯の日本代表は、決勝トーナメント1回戦で2-3でベルギーに敗れ、敗退した。 今大会の日本代表について、管理人の思うことを書いてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 20:59
ロシアW杯、フランス対アルゼンチン
ロシアW杯は6月30日から決勝トーナメントに入った。その初戦、フランス対アルゼンチンをテレビ観戦した。 1回戦にするには勿体ない好カードだが、アルゼンチンがグループリーグ1勝1敗1分で2位通過だったため(フランスの方は1位通過だった)、1回戦で実現したものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 15:40
ロシアW杯、日本対ポーランド
6月28日にロシア・ボルゴグラードで行われたサッカーW杯グループH、日本対ポーランド戦をテレビ観戦した。 日本にとっては勝つか引き分けで決勝トーナメントに進むことができ、敗れても同時刻に行われているセネガル・コロンビア戦の結果いかんで決勝トーナメントに進むことができるという状況である。 日本は、セネガル戦から長谷部・香川・大迫ら6人を入れ替えて試合に臨んだ。決勝トーナメントを見据えて、主力を休ませようという配慮だと思われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 19:12
ロシアW杯、ドイツ対韓国
6月27日、ロシア・カザンで行われたロシアW杯グループF、ドイツ対韓国戦をテレビ観戦した。 グループFの各国のこれまでの成績は次の通りだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 18:22
ロシアW杯、日本対セネガル
6月23日(日)(日本時間6月24日午前0時)、ロシア・エカテリンブルクで行われたロシアW杯グループH、日本対セネガル戦テレビ観戦した。 日本、セネガル共にグループH初戦で勝利を収め、これに勝てば決勝トーナメント進出が決定するという一戦である。日本は初戦のコロンビア戦と全く同じメンバーで試合に臨んだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 15:20
ロシアW杯、日本対コロンビア
6月19日、ロシア・サランスクで行われたワールド・カップ・グループH、日本対コロンビア戦をテレビ観戦した。両国とも初戦である。コロンビアは前回大会ベスト8の南米の雄であり、日本にとって厳しい戦いが予想された。 ただしコロンビアのゲームメイカーであるMFハメス・ロドリゲスは、練習中に負傷したらしく、先発起用されなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 23:50
シェリング/ハイティンクのベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲」
今日6月16日の東京は、前日までの雨は上がりましたが、典型的な梅雨寒で、4月頃並みの肌寒さでした。 今日の1曲は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61です。 演奏は、ヘンリク・シェリング(vn)とベルナルト・ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(録音当時の名称はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)です。1973年4月26、27日の旧Philipsへの録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 18:32
ロシアW杯の予想
今日6月14日(木)、4年に1回の祭典、ロシアW杯が開幕する。 管理人の予想を書いておこうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 19:51
日本対ガーナ戦を見て考える
一昨日5月31日、ロシアW杯に出場する日本代表のメンバー23人が発表された。20代前半の選手はDF植田ただ1人で、23人の平均年齢は28.5歳となり、これまで出場した6回のW杯の中で最も高くなった。 W杯は4年に1回しか開かれないから、今回の出場メンバーは4年後のW杯の時には平均32.5歳ということになってしまう。おそらく4年後のW杯は、W杯初出場のメンバーが多くなる。今回の23人の選考は、たとえ今回で結果を残すことができたとしても、4年後に向けて不安を残したと言えよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 10:30
「アレクサンドラ・スム・ヴァイオリン・リサイタル」(5月31日)
昨日5月31日(水)、東京の浜離宮朝日ホールで行われたアレクサンドラ・スム(vn)とジュリアン・クエンティン(p)のリサイタルを聴きに行きました。 プログラムは次の通りでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 16:33
サッカー、日本対ガーナ(5月30日)
今日5月30日(水)、横浜の日産スタジアムで行われた日本代表対ガーナ代表の親善試合をテレビ観戦した。 来月に迫ったワールド・カップに向けた日本代表の壮行試合であり、この4月に解任されたヴァイド・ハリルホジッチ監督の後を承けて就任した西野朗監督にとって初試合でありその手腕が注目される試合である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 22:13
ランスロのモーツァルト「クラリネット協奏曲」
東京は今日も、五月晴れの好天気でした。 今日の1曲はモーツァルトのクラリネット協奏曲イ長調K622です。演奏は、ジャック・ランスロ(cl)とジャン=フランソワ・パイヤール指揮パイヤール室内管弦楽団です。1963年のエラートへの録音です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/21 18:50
プレガルディエンのシューマン「詩人の恋」
今日の東京はからっと晴れた五月晴れの1日でした。今日のような日が一年で最も気候の良い日なのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 16:57
ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第13番」
今日の東京は蒸し暑いような1日です。 今日は、ウィルヘルム・ケンプの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第13番変ホ長調作品27の1を聴きました。1965年1月のケンプ2回目のスタジオ録音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 14:20
ギーゼキングのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第12番『葬送』」
今日5月6日はゴールデン・ウィーク最後の1日です。管理人はゴールデンウィーク後半は、昨日5日に妻とともに横浜に観光に行った以外は、自宅で何もせず過ごしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/06 16:49
ブレンデルのシューベルト「ピアノ五重奏曲『ます』
ゴールデンウィーク後半2日目です。東京では、今年のゴールデンウィーク後半初日の昨日は、午前に雨がが降っていましたが午後から晴天となり、以降ゴールデンウィークが終わりまで晴天が続くようです。 毎年この季節になると思うのですが、ゴールデンウィークの頃はそれほど暑くないうえに湿度が低くからっとしていて、1年で最も良い気候だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/04 18:07
トルストイ(木村浩訳)『アンナ・カレーニナ』上・中・下(新潮文庫)
レフ・トルストイ(木村浩訳)『アンナ・カレーニナ』上・中・下(新潮文庫)を読了した。 『アンナ・カレーニナ』は新潮文庫版で約2000頁という大作である。管理人は仕事をしながらの読書だったせいもあり、読み始めてから読了するまで3ヶ月くらいを要した。もっともその間の読書は『アンナ・カレーニナ』だけではなかったが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 14:35
ブレンデル/アバドのブラームス「ピアノ協奏曲第1番」
今日4月30日はゴールデン・ウィークの3日目です。今年のゴールデン・ウィーク前半は、良く晴れた好天気に恵まれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/30 17:47
白井聡『国体論』(集英社新書)
白井聡『国体論』(集英社新書) 白井聡『国体論』(集英社新書)という本を読み終えた。 同書は本年2018年4月22日の刊である。著者の白井聡氏は1977年生まれ、現在京都精華大学専任講師を務める気鋭の政治哲学者である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/25 15:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる