クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS アーノンクールのモーツァルト「協奏交響曲K364」

<<   作成日時 : 2007/03/06 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
今日はモーツァルトの「協奏交響曲変ホ長調K364」を聴いてみた。演奏は、ギドン・クレーメル(v)、キム・カシュカシャン(va)、ニコラウス・アーンクール指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。1983年10月の録音である。
この協奏交響曲K364はぼくの大好きな曲の1つだ。誰かにモーツァルトの好きな曲を1つ挙げよと問われれば、それは答えることのできない難問だ。3つ挙げよと問われると、とりあえず「13管楽器のためのセレナードK361」と「クラリネット五重奏曲K581」を挙げて、残り1曲の候補として「交響曲第39番」や「ピアノ・ソナタK570」とともに「協奏交響曲K364」を考えると思う。ぼくはそれくらいこの曲を愛している。

まず第1楽章は、壮大なオーケストラのバックに乗ってヴァイオリンとヴィオラが華麗で優雅な旋律を奏でる。第2楽章は、悲痛で高貴な表情だ。第3楽章は一転して軽快に変わる。勢いがよくカッコイイ。ヴァイオリンとヴィオラの絡み合いが絶妙だ。
この曲は各楽章の中身だけでなく、各楽章のコントラストという点からみても巧妙に作られていると思う。

この録音では若き日(?)のクレーメル(録音当時36歳)が素晴らしい。強い表現意欲をもって、のびのびと大胆に演奏している。カシュカシャンの演奏も文句の付けようがないし、アーノンクールがウィーン・フィルの美しい音色を最大限に生かしつつ、クレーメルとカシュカシャンがその実力を発揮できるようサポートしているのも素晴らしい。アーノンクールが協奏曲の演奏家としてもすばらしい能力を持っていることを示す演奏だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モーツアルト 協奏交響曲 KV364 / クレーメル、カシュカシアン、アーノンクール ウィーンフィル
勝手に**の日 (「勝手にモーツアルトの日」週間 6日目) ちょっと、刺激的なモーツアルト演奏に触れたいときに。 ...続きを見る
一年365枚 ver.2.0
2007/03/06 22:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私も、この曲、この演奏大好きです。
過去記事をTBさせていただきたく。
garjyu
URL
2007/03/06 22:17
garjyuさん
TB及びコメント有難うございます。
garjyuさんもこの曲が大好きでしたか。
私は、20年以上前、この曲の旋律が一日中
頭の中で鳴り響いていたこともあるほど好きです。
また最近はアーノンクール指揮コンセルトヘボウ
でモーツァルトをよく聞いているせいか、この曲
ではわりと普通だと感じましたが、考えてみると
この曲の往年のベーム盤などど比べると、やはり
仰るように先鋭的ですね。
アルトゥール
2007/03/07 21:18
 こんばんは。またおじゃまいたします。
 協奏交響曲は、管楽器のものしか聴いたことありませんでした。
 ぜひ、K364も聴いてみたいと思い、今日図書館に行ったので探してみましたが、貸し出し中でした。残念。
 かわりに、アルトゥールさんが真っ先にあげられたK361があったので、借りてみました。
 これはすごいですね。こんな美しい響きで、美しい旋律が次から次へと繰り出される音楽は、他に聴いたことありません。
 ちなみに、わたしが聴いたのは、ヘレヴェッヘのものです。
 K364も、予約しておいたので、聴くのを楽しみにしています。
 でも、K581はちょっと苦手です。何だか悲しくなってしまうから。
Nora
2007/03/07 22:53
Noraさん

いつもコメント有難うございます。
K361は本当にすばらしい曲だと思います。
第3楽章アダージョが最も有名だと思いますが、
他の楽章も素晴らしいと思います。そもそも13
個の管楽器だけで曲を創っていく、展開していく
という発想がモーツァルトにしかできないもので
すよね。物理学者のアインシュタインがこの曲を
絶賛していると聞いたことがあります。
K581はNoraさんに同感です。天国に来てしま
った悲しさ、とでもいうようなものが感じられる
ように思います。
アルトゥール
2007/03/08 19:27
 こんにちは。遅ればせながら、ようやくBWV364を聴きました。
 ベームのしかありませんでしたが、それでも「天馬空をいく」といった感じの疾走感あふれる音楽で、いっぺんで気に入りました。

 ただいまモーツァルト入門中で、わたしも室内楽や器楽曲の方がなじみやすいのでそのあたりをうろうろしていたのですが、おかげさまで、協奏曲や管弦楽曲の方にもはいっていけそうです。
(それにしても、361、364と、ナンバーが近いですね。よほど調子がよかったのでしょうか。今後はこのあたりを中心に攻めていこうかと)
Nora
2007/03/12 12:46
Noraさん、コメント有難うございます
拙ブログを読んでK364を聴いて下さり、
ブログをやっている者の冥利に尽きます。

K300台の半ばで私が好きなのは、2台ピアノ
協奏曲K365とオーボエ四重奏曲K370でし
ょうか。K365は深みに欠けるような気もしま
すが楽しいこと無類で、K370は地味ながら名
曲だと思います。あとK370台以降にヴァイオ
リン・ソナタが何曲かありますが、モーツァルト
のヴァイオリン・ソナタは宝の山だと思います。
アルトゥール
2007/03/12 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アーノンクールのモーツァルト「協奏交響曲K364」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる