クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS フルニエのブラームス「チェロ・ソナタ第1、2番」

<<   作成日時 : 2007/10/24 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今日はブラームスのチェロ・ソナタ第1番作品33と同第2番作品99を聴きました。演奏はピエール・フルニエ(vc)とウィルヘルム・バックハウス(p)で、1955年5月のDECCAへの録音です。
ブラームスを聴くのにふさわしい季節を挙げるとすれば秋でしょう。またチェロを聴くのにいちばんふさわしいのも秋でしょう。こうしてブラームス2曲のチェロ・ソナタは、二重の意味で今日のような秋の日に聴くのにふさわしいことになります。

ところでこの2曲、作品番号に隔たりがあることからわかるように作曲年代が20年以上離れており、第1番はブラームス32歳、第2番はブラームス53歳の時の作です。こう書くと、後者の方が渋い作品のように思えますが、実際は大違いで第1番の方が渋いのです。第2番は第1番より振幅が激しい、スケールの大きい作品なのです。

第1番は3楽章編成ですが、冒頭部でいきなりチェロが印象的な憂いを帯びたメロディを奏でます。楽章を通じてブラームスらしい憂愁と寂寥感に満ち満ちています。第2楽章は安らかになりますが、基調としては暗いものがあります。第3楽章はほの暗いながらもダイナミックで、この楽章だけが32歳の青年らしいものがあります。
これに対して第2番は、4楽章編成ですが、第1楽章はスケールが大きくチェロが朗々と旋律を奏でます。第2楽章はアダージョでブラームスらしい情緒味があります。典型的なスケルツォである第3楽章を経て、第4楽章は活発に締めくくられます。
第1番の方がブラームスらしい曲かもしれませんが、第2番も堂々とした曲で、これら2曲のどちらを好むかはまさに聴く人次第でしょう。

フルニエのチェロは決して声高になることなく、上品でしかも流麗なものです。バックハウスの室内楽は非常に珍しいですが、ここでもしっかりとした演奏を聴かせます。これら両者の共演は、ブラームスのチェロ・ソナタの理想的な演奏といえるでしょう。

ここからは余談ですが、ぼくはブラームスのチェロ・ソナタの代表的名演と言われているロストロポーヴィチ&R・ゼルキン盤を持っていないのです。ずっとフルニエ盤で満足して聴いていたので、自分で自分に意地を張ってしまい、まだ買わずにいるのです。にもかかわらずピアティゴルスキー&ルービンシュタインとマイスキー&ギリロフは買ったのですが…。
ぼくにはこのように意地になって名盤の誉れ高い録音を持っていないことがあります。他にもミュンシュのベルリオーズ「幻想交響曲」や、ピアノではミケランジェリのドビュッシー、室内楽ではカザルス・トリオのベートーヴェン「大公トリオ」を持っていません。このように代表的な名盤を意地になって聴かないことがあるのは、ぼくだけなのでしょうか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
寒い!
今朝はいつもより寒い朝を迎えた。今年一番の寒さではないだろうか。カーテンを開けると窓が結露している。昨日の朝から寒気がした。体温計で熱を測ってみると39度近くの熱があった。これではチェロのレッスンは無理だし、先生にうつしてしまってはと思い「風をひいてしまったので休みます」と電話をした。先生は「早く風邪を直してくださいお大事に。」とやさしくいわれた。結局昨日は水枕をして一日中寝ていた。今朝もまだ寒気... ...続きを見る
不器用なおじさんの日常茶飯事
2008/02/03 11:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
私は、第1番を時々聴きます。いい曲だと思います。
かつてよく推薦盤になっていたフルニエ/バックハウスのほか、ドュ・プレ/バレンボイム、ロストロポーヴィチ/リヒテル、ロストロポーヴィチ/ゼルキン、それと最もよく聴くシュタルケル/シェベックのいずれもLPを持っています。自分が聴いて情感がこもっていると感ずるのは、シュタルケルの演奏、それとリヒテルと組んだロストロポーヴィチの演奏です。それに比べると、フルニエのは淡々と弾いている感じがします。ゼルキンと組んだ時のロストロポーヴィチは、時々無頓着に弾いている部分があるように思います。
ミュンシュのベルリオーズ「幻想交響曲」、ミケランジェリのドビュッシー、カザルス・トリオのベートーヴェン「大公トリオ」、すべて持っていますが、あまり聴いていません。私が好きな演奏録音は、バーンスタイン/ニューヨーク・フィル、ミシェル・ベロフやイヴァン・モラヴェッツ、オイストラフ・トリオです。
HABABI
URL
2007/10/24 23:35
HABABIさん、お久しぶりです!
コメントを有難うございます。
仰るとおりフルニエは淡々としていますね。私はそこが
好きなのですが…。そういえば、私は聴いたことがあり
ませんが、ロストロポーヴィチは旧メロディアにリヒテ
ルと1番を録音していましたね。ロストロのメロディア
時代にはいろいと良い録音があるのではないかと想像し
ています。
シュタルケルですか…。私は5年位前、シュタルケルの
ブラームス1番を生で聴いたことがあるんですよ。共演
は練木繁夫さんでした。大変良い演奏だったと憶えてい
ます。シュタルケルは私の好きなチェリストの一人でも
あります。

HABABIさんが挙げられている演奏家のうち、オイストラ
フ・トリオは大好きです。バーンスタインはやっぱりニ
ューヨーク時代の方が良いですね…。
アルトゥール
2007/10/25 21:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フルニエのブラームス「チェロ・ソナタ第1、2番」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる