クラシック音楽のある毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS パールマン/ジュリーニのブラームス「ヴァイオリン協奏曲」

<<   作成日時 : 2016/05/22 13:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

本日は、晴天で初夏という言葉がぴったりするような陽気でした。
今日は朝から、ブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」作品77を聴きました。演奏はイツァーク・パールマン(vn)とカルロ・マリア・ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団です。1976年11月30日及び12月1日のEMIへの録音です。

ブラームスはいろいろな側面を持った作曲家です。一般には交響曲第4番に代表される深刻な暗さを持ったブラームスのイメージが強いのかもしれませんが、明るく叙情的なブラームス、フレッシュで若々しいブラームスも存在します。
この点は、同じドイツで同年代の作曲家ブルックナーと対照的だといえるでしょう。ブルックナーは生涯を通じて、オーケストラを用いて、世界・宇宙・神、そういったものを描こうとしていました。

さて、今日聴いたブラームス唯一のヴァイオリン協奏曲は、交響曲第2番やピアノ協奏曲2番と並び、明るく清朗で、叙情的なブラームスを代表する名曲です。また、交響曲第2番やピアノ協奏曲第2番と同様、ブラームスが夏に避暑のため訪れていたオーストリア南部のペルチャッハの美しい景色に触発されて作曲した作品です。
第1楽章から何とものどかで、美しく、清朗な旋律が続きます。第2楽章の叙情性もすばらしいし、第3楽章は一転して引き締まります。
ぼくは、この曲の最大の魅力は、全体の半分以上を占める第1楽章ではないかと思います。本当に穏やかで、のどかで、美しいです。まるで夏のペルチャッハの美しい景観が目に浮かぶようです(といっても、ぼくはペルチャッハに行ったことはありませんが)。本パールマン盤で24分という長い楽章ですが、長いという気持ちになりません。それどころか、美しい景色をいつまでも見ていたいように、この美しい曲をいつまでも聴いていたいという気持ちになります。

音楽評論の大御所だった故・吉田秀和さんは名著『LP300選』(ぼくの持っていたのは新潮文庫版でしたが、現在は『名曲300選』と改題してちくま文庫から出版されているようです)の中で、ブラームスの全ての作品の中から1曲選ぶとしたらこの曲を選ぶと述べておられました。

パールマンは、後年この曲をバレンボイムとも共演していますが、今日聴いたジュリーニとの共演は31歳(パールマンは1945年生まれです)という若い時代の録音です。
最近はパールマンの話題をあまり聞かなくなりましたが、70年代から80年代のパールマンは、ギドン・クレーメルとともにこれからのヴァイオリン界を引っ張っていく若手として期待されていました。本録音でも、美麗で豊かな音色で、ブラームスの美しい旋律を歌心たっぷりに演奏します。パールマンとこの曲との相性の良さを感じさせます。最近多い古楽器派の影響を受けた演奏スタイルよりも、パールマンのように十分ヴィブラートをかけた豊満な演奏スタイルが、この曲に合っているように思います。
また、ブラームスを得意にしていたと思われるジュリーニのバックがすばらしいです。ジュリーニらしいゆっくりテンポで、じっくりと歌い上げていきます。

曲と演奏家の幸福な出会いの一例なのではないでしょうか。


追記 ブラームスのヴァイオリン協奏曲については、過去にフランチェスカッティ/バーンスタイン盤の記事を書いたことがあるので、その記事自己TBしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フランチェスカッティのブラームス「ヴァイオリン協奏曲」
連休2日目の今日は、秋らしい小春日和の穏やかな1日でした。今日聴いたのは、ブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」、ジノ・フランチェスカッティ(vn)、レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏です。1961年4月15日の録音です。 ...続きを見る
クラシック音楽のある毎日
2016/05/22 15:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトゥールさま お早うございます…

ブラームスのこの曲は2度ほど演奏した経験もあります
人間の記憶は厄介なものですね…爆

アルトゥールさんが書いておられたので、この曲にしようかなと思ったのですが… 色々とあり…
パールマンは ゼルキン師のリサイタルでアシュケナージと一緒のところを目の前で見たことがあります
まだ杖で歩いておられた頃です
演奏はナマでは一度も聴いたことがないのですが…

どんどんと名前を知っている演奏家たちが鬼籍に入られますね
寂しいですが、こればかりは仕方がないのでしょうね…
ヒラリー・ハーンは良いですね…
(ミ`w´)彡━━┛~~ ' ぷっくぷく~~~
rudolf2006
2016/05/29 09:16
rudolf2006さま
コメントを頂き、有り難うございます。またレスがたいへん遅れ申し訳ありません。

パールマンを生で見た御経験がおありでしたか。私はテレビでした見たことがありません。確かにハンディキャッパーですが、そのことを感じさせない明るい演奏をする方で、少なくとも若い頃はテクニックにも長けた方だったと思います。最近70歳になり、いろいろなレーベルから記念のBOXが出ているようですね。

最近アバドやマゼールやアーノンクールら大物が鬼籍に入り寂しい感はあります。ことヴァイオリン界に関しては、rudolf2006さまの挙げておられるヒラリー・ハーンや庄司紗也香が出てきて、世代交代の時期かなと感じます。
しかし私の場合、年齢のせいか、若い人より、パールマンやさらに古いスターンやシェリングに手が伸びてしまいます。
アルトゥール
2016/06/03 16:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
パールマン/ジュリーニのブラームス「ヴァイオリン協奏曲」 クラシック音楽のある毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる