スウィトナー/SKBのブルックナー「交響曲第1番」

今日成人の日の東京は晴天で、気温は上がりました。駅などで振袖姿の新成人の女性が目につきました。 今日の1曲はブルックナーの交響曲第1番です。演奏はオトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(以下「SKB」と省略します)です。1987年5月12〜15日のドイツ・シャルプラッテン・レーベルへの録音です。今だとベルリン・クラシッ…
コメント:2

続きを読むread more

シュタルケル/ブッフビンダーのベートーヴェン「チェロ・ソナタ第1番」

今日日曜の東京は曇り空の寒い一日でした。 今日はベートーヴェンのチェロ・ソナタ第1番ヘ長調作品5の1を聴きました。演奏はヤーノシュ・シュタルケル(vc)とルドルフ・ブッフビンダー(p)です。1978年4月の旧テルデックへの録音です。シュタルケル(1924ー2013)は生涯に3回にわたりベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲録音を果たしたと…
コメント:1

続きを読むread more

ハイティンク/ACOのベートーヴェン「交響曲第8番」

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」&第8番、他 - ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 ハイティンク(ベルナルト) 正月3が日は終わりましたが、東京はいぜん晴天が続いています。 昨日、米軍がイランの司令官を殺害しイラン政府が報復を宣言するというニュースが報道されました。米国とイランの間で緊張が高まっています。米国の…
コメント:4

続きを読むread more

ルービンシュタイン/ラインスドルフのチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 - ルービンシュタイン(アルトゥール) 1月3日。今日で正月三が日は終わりです。管理人は家族と共に義母の見舞いに行ったほかは、寝正月でした。 今日の1曲は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番です。演奏はアルトゥール・ルービンシュタイン(p)とエーリヒ・ラインスドルフ指揮ボストン交響楽団です。1…
コメント:0

続きを読むread more

フルトヴェングラーのワーグナー「ジークフリート牧歌」

2020年1月1日。新年が到来しました。 管理人は昨年、近親者に不幸があったため、新年の御挨拶ができないことを御了承ください。 今日の東京は雲一つない青空で、お正月にふさわしい好天気でした。東京では今後一週間くらい、晴天が続くようです。 今日の一曲は、ワーグナーの「ジークフリート牧歌」です。 演奏はウィルヘルム・フルトヴェン…
コメント:0

続きを読むread more

ケンプのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第27番」

Beethoven: The 32 Piano Sonatas 今年2019年(令和元年)は今日を含めて残り3日となりました。 今日はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第27番ホ短調作品90を聴きました。演奏はウィルヘルム・ケンプです。1965年1月のDGへの録音です。ケンプはDGに2回にわたりベートーヴェンのピアノ・ソナタの全曲録音を…
コメント:0

続きを読むread more

樋口陽一『リベラル・デモクラシーの現在』(岩波新書)

リベラル・デモクラシーの現在: 「ネオリベラル」と「イリベラル」のはざまで (岩波新書 新赤版 1817) 樋口陽一『リベラル・デモクラシーの現在』(岩波新書)という本を読み終えた。 本書は2019年12月20日の新刊である。 著者の樋口先生は、東北大学、パリ第二大学、東京大学、上智大学、早稲田大学で教授を歴任された憲法学の泰斗で…
コメント:0

続きを読むread more

エマーソンSQのバルトーク「弦楽四重奏曲第1番」

Emerson String Quartet COMPLETE RECORDINGS ON DG - V/C 東京は今日は降雨で、寒い1日が続いています。今年2019年は残り1週間と少しになりました。 今日は、エマーソン弦楽四重奏団の演奏するバルトークの弦楽四重奏曲第1番Sz40を聴きました。1988年3月のDGへの録音です。最近ブ…
コメント:2

続きを読むread more

ミケランジェリ/ガーベンのモーツァルト「ピアノ協奏曲第25番」

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第25番 - アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ 今日の東京は曇り空の寒い1日です。 今日は、モーツァルトのピアノ協奏曲第25番ハ長調K503を聴きました。 演奏は、アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリ(p)とコード・ガーベン指揮北ドイツ放送交響楽団です。1989年6月のライ…
コメント:0

続きを読むread more

バックハウスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第23番『熱情』」

今日の東京は温暖な1日でした。本格的な冬の到来はまだのようです。 今日は、ウィルヘルム・バックハウスの演奏するベートーヴェンのピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」を聴きました。1958年9月の録音です。 バックハウスの「熱情」ですから、ピアノ音楽のど真ん中です。 「熱情」は、「悲愴」「月光」と並びベートーヴェンの三大ソ…
コメント:0

続きを読むread more

タートライSQのハイドン「弦楽四重奏曲第61番『剃刀』」

今日の東京は晴天で、12月中旬という時期らしくない暖かさでした。この冬は暖冬なのかもしれません。 最近ネットを見ていて、音楽之友社の2019年度の「レコード・アカデミー賞金賞」が、古典四重奏団の「ショスタコーヴィチ『弦楽四重奏曲全集』」が授与されるというニュースを目にしました。意外なニュースです。 意外というのは、第一にジャンル…
コメント:0

続きを読むread more

リヒテルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第7番」

今日、日曜の東京は冬晴れの1日です。今日は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第7番二長調作品10ー3を聴きました。演奏は、スヴャトスラフ・リヒテルのピアノで、1976年6月のEMIへの録音です。 本曲は、急・緩・急・急の4楽章構成を取ります。 第1楽章は流麗でスケールが大きい楽章です。 第2楽章は、ベートーヴェン初期らしい、しっ…
コメント:0

続きを読むread more

ブダペストSQのモーツァルト「弦楽五重奏曲第4番」

東京は今日は時折雨の降る寒い1日です。真冬のような寒さです。 今日は、モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K516を聴きました。演奏はブダペスト弦楽四重奏団とワルター・トランプラー(va)です。1966年12月16、7日の旧CBSへの録音です。 モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K516は、1787年、モーツァルト(175…
コメント:0

続きを読むread more

タカーチSQのシューベルト「弦楽五重奏曲」

今日の東京は曇り空の寒い1日です。冬が本格的に到来してきたことを実感させられる1日です。 今日は、シューベルトの弦楽五重奏曲ハ長調作品956を聴きました。演奏は、タカーチ弦楽四重奏団とラルフ・カーシュバウム(vc)です。2012年5月18〜21日のHyperionレーベルへの録音です。 本曲はシューベルトが生涯で作曲した唯一の弦…
コメント:0

続きを読むread more

ジャレド・ダイアモンド『危機と人類』上・下(日本経済新聞出版社)

危機と人類(上) ジャレド・ダイアモンド(小川敏子・川上純子訳)『危機と人類』上・下(日本経済新聞出版社)という本を読み終えた。 本書は、本年2019年10月25日の新刊である。 管理人はこれまで、ジャレド・ダイアモンド博士の著書は『銃・病原菌・鉄』(草思社)、『文明崩壊』(同)、『昨日までの世界』(日本経済新聞出版社)の…
コメント:0

続きを読むread more

ヴァント/北ドイツ放送響のブラームス「交響曲第4番」

ブラームス:交響曲第4番 - 北ドイツ放送交響楽団 今日の東京は、昨日までの雨が朝方まで続いていましたが、雨は午前中に止み、以降は曇り空でした。昨日・一昨日と真冬のような寒さでしたが、今日はいくぶん暖かくなりました。しかし、まだ11月なのに、最近、冬のような寒さの日が増え、今冬は厳冬になるのではないかという予感がします。 今…
コメント:0

続きを読むread more

松田聖子「Windy Shadow」

Windy Shadow - 松田聖子 松田聖子さんのアルバム「Windy Shadow」。 1984年12月発売のアルバムです。聖子さんは1980年のデビューなので、デビュー5年目の円熟期のアルバムということになります。 個人的なことを書かせていただきますと、管理人は聖子さんと同年です。聖子さんがトップアイドルとして活躍…
コメント:0

続きを読むread more

ロストロポーヴィチ/アルゲリッチのショパン「チェロ・ソナタ」

ショパン:チェロ・ソナタ、序奏と華麗なるポロネーズ/シューマン:アダージョとアレグロ - アルゲリッチ(マルタ) ロストロポーヴィチ(ムスティスラフ) 今日の日曜日は、東京は雲一つない秋晴れの好天気でした。 今日はショパンの「チェロ・ソナタ」ト短調作品65を聴きました。 演奏は、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(vc)とマル…
コメント:0

続きを読むread more

ルービンシュタイン/ガルネリSQのブラームス「ピアノ五重奏曲」

ARTHUR RUBINSTEIN PLAYS B - J. BRAHMS 今日は秋晴れの好天気の一日でした。管理人はこの1週間、「ラグビーロス」に悩まされています。管理人が25年以上応援してきた南アフリカ代表スプリングボクスが優勝したので、特に万感胸に迫るものがあった大会でした。 ラグビーW杯開催中はあまりクラシックを聴い…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯決勝、イングランド対南ア(11月2日)

昨日11月2日、横浜国際総合競技場で行われたラグビーW杯決勝、イングランド対南アフリカ(以下、「南ア」とします)戦をテレビ観戦した。 イングランドにとっては3大会ぶり4回目、南アにとっては3大会ぶり3回目の決勝進出である。両国は2007年大会決勝でも顔を合わせており、その時は15ー6で南アが勝利を収めている。 昨日の試合は、結果から…
コメント:0

続きを読むread more