ブレンデルのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第5番」

今日の東京は曇り空の寒い一日です。 心配されていた新型コロナの新規感染者は、今月前半がピークで、先週辺りから下り坂に向かっている感があります。政府の緊急事態宣言の発出を受けて、飲食店で午後8時以降の営業が自粛されていることが奏功しているものと思われます。しかしまだ12月下旬の水準であり、油断することはできません。 今日の1曲はベ…
コメント:0

続きを読むread more

ルービンシュタイン/オーマンディのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 - ルービンシュタイン(アルトゥール), チャイコフスキー, ラフマニノフ, ラインスドルフ(エーリヒ), オーマンディ(ユージン), ルービンシュタイン(アルトゥール), ボストン交響楽団, フィラデルフィア管弦楽団 今日の東京は午前中雨が降っていましたが、午後に止み曇り空となりました。大寒の一…
コメント:2

続きを読むread more

ルービンシュタイン/オーマンディのショパン「ピアノ協奏曲第2番」

ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番(日本独自企画盤) - アルトゥール・ルービンシュタイン 今日の東京は午前中から雨が降っています。予報によると、夜に雨が雪に変わるだろうということです。 今日の1曲はショパンのピアノ協奏曲第2番へ短調作品21です。演奏はアルトゥール・ルービンシュタイン(p)とユージン・オーマンディ…
コメント:0

続きを読むread more

小林研一郎/日本フィルの演奏会(1月16日)

昨日1月16日、コロナ禍の中、小林研一郎(以降「コバケンさん」と省略します)指揮日本フィルハーモニー管弦楽団(以降「日フォル」と省略します)を聴きに行きました。場所はサントリーホールです。 管理人が音楽のコンサートを聴きに行くのは、昨年2月サントリーホールでアンネ・ゾフィー=ムターとランバート・オーキスの共演を聴いて以来、11ヶ月ぶり…
コメント:0

続きを読むread more

シュトルツ/ウィーン響/ベルリン響の「ウィンナ・ワルツ名曲集」

新年明けましておめでとうございます。今年も本ブログを御愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 昨日大晦日の新型コロナの新規感染者は、全国で4000人以上、東京単独で1300人以上でした。これまでにない困難の下で新年を迎えたと感じます。 さて今年の聴き初めです。今年はJ・シュトラウス2世を中心としたウィンナ・ワルツでスタートしました。…
コメント:0

続きを読むread more

リヒテルのラフマニノフ「前奏曲集」

今日の東京は寒い1日です。昨日までは年末にしては温暖な日が続いていたのですが、今日以降は寒くなるようです。 今日は、スヴャトスラフ・リヒテル(p)の演奏するラフマニノフの「前奏曲集」を聴きました。1971年9月の旧メロディアへの録音です。 ラフマニノフはショパンと同様、24の長短各調性の全てを使った前奏曲を作曲しています。も…
コメント:2

続きを読むread more

私の好きな著作(文学以外)

昨日のエントリーで、管理人の好きな作家・小説(文学)について述べてみました。 管理人にとって読書は、クラシック鑑賞と並び、趣味を超えた人生そのものですが、どのような本を読む読んでいるかというと、小説と詩歌を含めた文学は全体の3割くらいで、文学以外を読むことの方が多いのです。具体的には、哲学・思想関係、歴史書、政治・経済関係等です。 …
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな作家・小説

今日は雑談です。 管理人は、クラシック音楽の鑑賞とともに読書を趣味にしています。 本を読みクラシックを聴くということは、趣味を超えて人生そのもの、自分がそのために生きている行為のように思います。 さて以前本ブログで、管理人の好きな作曲家は、生まれた年代順にハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ショパン、ブルック…
コメント:5

続きを読むread more

ルービンシュタイン/シェリング/フルニエのブラームス「ピアノ三重奏曲第1番」

シューベルト、シューマン&ブラームス:ピアノ三重奏曲集 - シェリング(ヘンリク), フルニエ(ピエール) ルービンシュタイン(アルトゥール) 今日の東京は、曇り空の寒い1日でした。暦上はまだ秋とはいえ、冬が到来したことが感じられる1日でした。 今日の1曲は、ブラームスのピアノ三重奏曲第1番ロ長調作品8です。 …
コメント:0

続きを読むread more

シフのモーツァルト「ピアノ・ソナタ第2番」

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集Vol.1 - シフ(アンドラーシュ), モーツァルト, シフ(アンドラーシュ) 今日の東京は、晴天で11月下旬の平均的な気温ですが、風が強く気温よりも寒く感じられます。 以前から多くの識者によって、寒くなると新型コロナウイルスのへの感染が急激に進むだろうと予測されていましたが、その通りになっています。…
コメント:0

続きを読むread more

ギレリスのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第8番『悲愴』」

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」 - ギレリス(エミール), ギレリス(エミール), ベートーヴェン 今日の東京は晴天の穏やかな一日でした。ここ数日、11月中下旬と思えない穏やかな日が続いています。地球温暖化の影響だと思います。今冬は暖冬になるのではないかと思います。 しかし世界中で新型コロナウイルス第三波の感…
コメント:2

続きを読むread more

ジュリーニ/シカゴ響のドヴォルザーク「交響曲第8番」

東京は今日も快晴でした。管理人の住む辺りでは銀杏の紅葉が美しく、秋の深まりが実感させられます。 今日の1曲はドヴォルザークの交響曲第8番ト長調作品88です。 演奏はカルロ・マリア・ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団です。1978年3月のDGへの録音です。 本曲は通例どおり急・緩・急・急の4楽章構成を取ります。 第1楽章は、チェコの…
コメント:0

続きを読むread more

ミルシテイン/ピアティゴルスキー/ライナーのブラームス「二重協奏曲」

今日の東京は、秋晴れの一日でした。快晴の穏やかな過ごしやすい一日でした。東京では最近、今日のような好天気が続いています。 最近世間で話題となっている、秋篠宮さまの長女眞子さまと小室圭さんの結婚問題について一言。 管理人は、なぜこの問題が世間でこんなに騒がれているのかわかりません。 小室さんの母親が借金を返済していないとされる問…
コメント:0

続きを読むread more

私の好きなピアニスト・ヴァイオリニスト・オーケストラ

前回のエントリーで管理人の好きな作曲家・曲を述べました。 今回は管理人の好きな演奏家について述べてみたいと思います。 管理人の最も好きなピアニスト・ベスト5は生年順に次の通りです。 アルトゥール・ルービンシュタイン ワルター・ギーゼキング クラウディオ・アラウ アリシア・デ・ラローチャ アルフレ…
コメント:4

続きを読むread more

私の好きな作曲家・好きな曲

過日11月3日投票の行われたアメリカの大統領候補は、接戦ですが、民主党のバイデン候補が勝利を収める見通しとなりました。 管理人にとっては嬉しいニュースです。 トランプ大統領の強権的・反リベラルの政治姿勢は全く支持することができませんでした。 今日は雑談です。 日常生活を送っている中で、クラシックの鑑賞が趣味だと言うと「どんな…
コメント:0

続きを読むread more

マズア/LGOのシューマン「交響曲第3番『ライン』」

Kurt Masur - Eurodisc Recordings (16CD) - V/C 東京は今日も晴天ですが、日増しに寒くなっていくのを肌で感じます。 ここ数回のエントリーは室内楽曲の知名度の低い曲だったので、今日は有名曲をエントリーしようと思います。 シューマンの交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」です。 演奏はクルト…
コメント:0

続きを読むread more

ロストロポーヴィチ/デデューヒンのプロコフィエフ「チェロ・ソナタ」

今日の東京は秋晴れの1日でした。湿度が低くカラッとしていましたが、日が暮れる時刻は早く、秋であることを実感します。 今日の1曲は、プロコフィエフの「チェロ・ソナタ」ハ長調作品119です。演奏はムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(vc)とアレクサンドル・デデューヒン(p)です。デデューヒンはロストロポーヴィチの旧ソ連時代、彼の伴奏ピアニ…
コメント:0

続きを読むread more

リヒテル/ボロディンSQのドヴォルザーク「ピアノ五重奏曲第2番」

今日の東京は、昨日の雨が上がり秋晴れの爽快な一日です。 今日はドヴォルザークのピアノ五重奏曲第2番イ長調作品81を聴きました。ドヴォルザークは本曲の他にピアノ五重奏曲第1番作品5を作曲していますが、そちらはほとんど演奏される機会がないため、本曲第2番がドヴォルザークの単に「ピアノ五重奏曲」と呼ばれることもあります。 演奏はスヴャトス…
コメント:2

続きを読むread more

エンジェルスSQのハイドン「弦楽四重奏曲第61番『剃刀』」

今日の東京は一日中雨の肌寒い一日でした。 今話題になっている日本学術会議の任命拒否問題について一言。 学問には多様性が必要です。様々な異なった考えが存在することが必要です。そうでないと学問に進歩はありません。菅政権による6人の学者の任命拒否は学問の多様性、しいては学問の自由を脅かすものとして、厳しい批判にさらされる必要があります。 …
コメント:0

続きを読むread more

ユボー/ガロワ=モンブラン/ナヴァラのフォーレ「ピアノ三重奏曲」

フォーレ:室内楽全集第2集 - ユボー(ジャン), フォーレ, ジャン・ユボー, ヴィア・ノヴァ四重奏団 今日の東京は、昨日まで3日続いた雨が上がり、穏やかな一日です。 今日の1曲は、フォーレ「ピアノ三重奏曲ニ短調作品120」です。 演奏は、ジャン・ユボー(p)、レイモン・ガロワ=モンブラン(vn)、アンドレ・ナヴァラ(vc)です…
コメント:0

続きを読むread more