初夏の平凡な1日

画像


昨日やっと雨が降ったと思ったら今日は晴天だった。今年は典型的な空梅雨なのだろう。夏の水不足が心配なことだ。

今日土曜日、ぼくは朝起きて朝食を取った後、もう一度寝た。ぼくが朝寝をしている間、息子は塾の宿題をやっていたようだ。昼に起きて起きて妻・息子(小6)とともに昼食を取った。昼食後すぐ、息子は学習塾に出かけていった。
家に妻と2人で取り残されると退屈してしまう。そこで少し涼しくなるのを待って午後3時頃、妻と2人で、近くの公園(といってもゆっくり歩いて30分くらいかかった)に散歩に出かけた。紫陽花がきれいに咲いているのではないかと期待してカメラを持って行ったのだけれど、残念ながら盛りは過ぎていた。そこでまだ咲き誇っている少しの紫陽花と、妻にモデルになってもらって写真を撮ったりした。
その後、2人で喫茶店に行って取りとめもない話をし、妻は新宿に買い物に出かけた。ぼくも付き合ってもよかったのだけど、何だか疲れを感じたので1人で帰宅し、ビールを飲みながら新聞を読んだりブログを見て回ったりした。今は午後7時40分頃、もうすぐ息子も妻も帰ってくるはずだ。この後、3人で夕食を取ることになるだろう。

こうやって文章にすると、ごく平凡な家族に見えると思う。けれどぼくが最近よく感じるのは、こういう平凡な日常に落とし穴が大きな潜んでいるということだ。簡単な例を挙げると、息子や妻が今日明日に交通事故に遭ったり通り魔に遭遇したりしても、何の不思議もない。ぼくたち家族は、そういう偶然的・不可避的な出来事のせいで一瞬にして暗転してしまう危険をはらんでいる。まさに世の中、「一寸先は闇」である。ぼくたち家族は、今後、何のトラブルにも巻き込まれずに無事に毎日を過ごしていけるだろうか。
ぼくが最近このような悲観的なことを考えるようになったのは、40代半ばとなり、最近話題の(?)男性の更年期障害にかかり始めたのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック