息子の文化祭

今日の東京は、台風接近のため、午前中が曇り、ちょうど昼頃から雨が降ってきました。
昨日・今日と、息子(中1)の通う私立の中高一貫校で文化祭がありました。昨日は都合が悪かったので、今日妻と2人で行ってきました。

行ってみると、天気がよくないにもかかわらず、ものすごく多くの人が来ていて、たいへんにぎわっていました。

ところで私立の男子校の文化祭に来る人たちは、次の2通りのパターンが多いのです。

①その男子校に興味があったり志望していると思しき小学生とその家族
②女子の中高生のグループ

①は誰にでも想像がつくと思うのですが、②は意外なのではないでしょうか。
ぼくも、息子が小学校4、5年の頃、息子を連れて何校かの私立校を回ったことがあるのですが、どこででも女子の中高生が多いのにびっくりしました。今日も多くの女子の中学生や高校生が来ていました。

さて妻とぼくは、まず息子のクラスが企画している催しを少し見て、息子の所属する囲碁部に行きました。そこで息子は小学生を相手に囲碁を打っていました。息子が入学して6ヶ月半、息子が周囲に完全に溶けこんでいるのを目の当たりにして、とりあえず安心しました。ただし、息子はぼくたち両親の顔を見ると、恥ずかしかったのかバツが悪そうにどこかに隠れてしまいました。

画像


その後、音楽部の演奏会に行きました。部員の生徒たちが代わる代わる登場しては、いろいろな曲を弾いていました。ぼくたちが行った時間帯は、サン・サーンスの「オーボエとピアノのためのソナタ」という曲が演奏されました。ぼくの初めて聞く曲でした。その後、美術部、書道部などを見てまわって帰路に付きました。

小学生のチビッコや女子中高生を含む子供たちの元気さに圧倒された1日でした。


追記 当日の囲碁部で撮ったスナップをアップしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

my
2008年09月24日 10:28
 アルトゥールさん、おはようございます。ご子息はやはり囲碁部に籍を置いているんですね。私がかつて教壇に立っていた、都内の中、高の進学校( 男子校 ) は囲碁部がありませんでした。ところが高校の理工系のクラスを持っていたものですから、生徒たちは結構打つんですよ。ですから授業が早く進みすぎて自習の時は、黒板に碁盤を書いて、英語の代わりに碁の定石を教えていましたよ。ところが県立高校に帰ってきますと、私はお琴部の顧問でしたので、今度は女子高生相手ですよ。この男女共学高は囲碁部があったものですから、文化祭になると、囲碁部の顧問の教諭からよく誘われたものです。今日、アルトゥールさん の記事を読ませて頂き、懐かしさが甦ってきました。ありがとうございます。どうも失礼致しました。
2008年09月25日 21:40
myさま
コメントを頂き、有難うございます。

myさまは囲碁部と筝曲部の顧問をされていましたか。
今は趣味が多様化し、さまざまなゲームが現れて、
囲碁・将棋や、お琴、俳句のような日本の伝統的な趣味・
文化をやろうとする生徒は減ってきたと聞きます。
私は今の中高生がどのようなゲームをやっているのか、
さっぱり分からないのですが、囲碁はたいへん面白い
と思います。
中国・韓国では囲碁が盛んで、ヨーロッパ等でも普及
しつつあると聞きます。
囲碁もやがては柔道のような運命を辿るのかもしれません。
それはそれで嬉しいことですが…。
ともかく日本の伝統文化が次代を担う子供たちに継承されて
いくことを願っています。

2008年09月28日 05:59
アルトゥールさま お早うございます

新しい記事でなく、この記事にコメントです。
m(_ _)m

息子さんの文化祭 良いですね
男子校に、女子高生、女子中学生が集まってくるんですか?意外でした、私は共学ばかりの学校生活でしたが、他の学校から来ているというのは、分かりませんでした。
囲碁クラブ 良いですね、ゆったりと、落ち着いた時間が持てるでしょうね~。

サン・サーンス晩年の木管のためのソナタ、ご存じでなかったですか?意外です~。オーボエ、クラリネット、バソンとあります。いずれもとっても良い曲です。フランスの名手のCDがあったのですが、すでに廃盤だと思います~。

ミ(`w´彡)
2008年09月28日 10:07
rudolf2006さま
おはようございます。
コメントを頂き有難うございます。

私も共学校だったので最近まで知らなかったのですが、
今は男子校の文化祭は、女子高生、女子中生がたくさん
来ていますよ。
そして男子生とメールアドレスを交換したりもしています。
囲碁クラブも落ち着いた時間が持てるといいのですが、
そこは10代の男の子のことですから、結構騒がしいようです。

サン・サーンスは自分の好きな作曲家でないので、
オルガン付き交響曲(マエストロ・トスカニーニ)とヴァイオリン
協奏曲(フランチェスカッティ)くらいしか聴いたことが
ありませんでした。室内楽は初めてでした。
いちど探してみます。

この記事へのトラックバック