東野圭吾『さまよう刃』(角川文庫)

東野圭吾『さまよう刃』(角川文庫)という本を読み終えた。本書は同じ東野さんの『容疑者Xの献身』などと異なり、謎解きの要素はないが、最初から最後まで手に汗を握るサスペンスで、ぼくなどは忘年会の帰りの電車の中でも読みふけるほどだった。

小説は、主人公の長峰重樹が、一人娘の絵摩を2人の少年に殺害されたところから始まる。しかも絵摩は、誘拐されレイプされた末に殺されるという最も残酷で凶悪なものだった。
悲嘆と怒りにくれる長峰の許に1本の密告電話が入る。その電話を聞いて長峰は犯行現場を発見。そこに偶然帰り合わせた犯人の少年のうちの1人を、憤激のあまり殺害してしまう。そして、もう1人の少年にも復讐しようと旅に出る、というストーリーである。

そして長峰自身と、長峰に共感を感じるペンション経営の女性と、捜査に当たる警察官を中心に、クライマックスまで一気にストーリーは突き進んでいく。

おそらく読者の多くは長峰に共感を寄せると思う。
犯人の少年たちは、人間性の一かけらも持ち合わせない極悪非道な性格で、更生する可能性があるとは思えない。いや更生の可能性があるとしても、死をもって償わせるというのが一般的な社会感情だろう。
だが少年法の前では、少年たちに死刑が科される可能性はない。
こうして多くの人は長峰の行動に共感を感じるようになるだろう。ぼく自身もそうだった。

ただ、ことはそう簡単なものでない。長峰の行動が是認されるとすれば、近代立憲主義の根本にある「法の支配」という原理は崩されてしまう。刑事たちは、長峰の行動に心の底では共感しつつも、長峰を追い続ける。

本書のテーマは古くからあるシンプルなものだが、やはり重い。
ぼく自身、一児の父だが、長峰のような立場に置かれたらどう感じるだろうか? 
当然加害者に極刑を望み、少年法の不満を感じるだろう。ただし自ら復讐に乗り出すような勇気は、ぼくにはないだろうという気がする。

かといって現行の少年法が不備だと決めつけるわけにもいかない。少年が成長過程にありこれから人格が形成されていく以上、更生の可能性は少なくとも成人よりは高いという側面はあるし、また成人と比べて思慮分別に欠け短絡的に犯罪に走るという事情も多いと思うからだ。
ただ少年法は、すべての少年が更生の可能性があり、思慮分別に欠けているという前提に基づいて制定されていることになる。中にはそうでない少年もいる。本書の指摘した問題点はそこだろう。

本書は、登場人物の誰も満足を得られない結末で終わる。主人公の長峰も、彼に共感を寄せる女性も、加害者の少年も、加害者の共犯の少年も、そして刑事たちも、誰一人望んでいた結果は得られない。物悲しい、やるせないラストだ。

最初から最後まで、東野さんのストーリーテリングと筆力の巧さが光る1作だった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

my
2008年12月25日 15:49
 アルトゥールさん、こんにちは。 「 さまよう刃 」 をお読みになられたのですね。このストーリーは、確かに謎解きの面白さはありませんが、現代にマッチしたテーマを抱えています。私、読み終わってからすぐに < 光市母子殺人事件 > が脳裏を過ぎりました。故にシリアスな怖さがあります。それにしても東野さんはストーリーテラーですね。しかし、清張作品は、当たり外れがなかったのですが、東野作品にはそれがありますね。東野作品はハードカバーから文庫本になったものは、抜群の面白さですけれど、初めから文庫本で出版されたものは、イマイチというものが、比較的に多いです。今のテレビや映画は・・・やはり娯楽の時間は、音楽や上質なミステリーに限りますね。それから麻雀と囲碁。テレビといえば、この前のボクシングはよかったですね。ほとんどクリンチなしでした。チャンピオンにも挑戦者にも感動しました。あとは年末の < K1 > と < ハッスルグランプリ > が楽しみです。くだらないことを書いてしまいました。これからも、切磋琢磨してミステリーを読みましょう。( 笑 ) どうも失礼を致しました。
2008年12月25日 17:54
myさん、こんばんは!
コメントを頂き有難うございます。

私も「さまよう刃」は光市の母子殺人事件に触発されて執筆
されたものだと感じました。仰るようにシリアスでリアルな
作品だと思います。
東野さんの本は今年爆発的に売れたそうですが、ストーリー
テラーとしては超一流だと思います。私は最初に読んだ「白夜
行」でそれを感じました。
今、テレビではロクな番組はやっていないように思います。
仰るとおり娯楽・趣味の時間は、音楽・ミステリーがいちばん
だと思います。ミステリーは20、30年前と比べ、作家の層
が厚くなり、レベルも上がっているように思います。
私はもう長い間ボクシングを見ていませんが、小中学生の頃、
モハメド・アリがまだ現役で、ジョー・フレージャー、ジョー
ジ・フォアマン等との熱戦をリアルタイムで見ることができま
した。あの頃ボクシング界は熱かったですね…。
my
2008年12月25日 20:29
 アルトゥールさん、今晩は。重量級のアリ、フォアーマン、よかったですね。覚えていますよ。白黒のテレビにかじりつきでした。そして、軽量級では ファイティング原田さん、10代の頃、僕ら不良少年のヒーローでした。十代の頃には、渋谷の安藤組の組員なんか私の友達だったんですよ。といっても、彼らは当時の日比谷高校やザブ高(麻布高校)に通っていました。
 私の若い頃の夢は、ボクシングのチャンピオン、そして、一流の職人・・・それが両親によって砕かれ・・・ご子息には、好きな道を進ませてくださいね。眠くなったしまいました。爺さんですからお許し下さい。今日はちょっと暇だったものですから。アルトゥールさん、良いお年をお迎えください。
2008年12月26日 08:38
myさん、こんばんは。
アリとフォアマンのキンシャサでの試合、私も鮮明に覚えて
います。日本人では、ファイティング原田さんは既に引退し
た後で、輪島公一さん、ガッツ石松さんなどがいました。
今から考えると、当時のボクシングというのは体制に対する
若者の反抗・抵抗だったのですね。「あしたのジョー」が今
でも読み継がれているのは、そういうメッセージ性があるか
らだと思います。


この記事へのトラックバック