お花見

今日は妻と2人で桜の花見に行ってきました。場所は、昨年も行った杉並区の善福寺川公園でした。
画像


今年は東京では、3月21日に桜の開花宣言がなされたましたが、その後寒い日が続き、なかなか満開まで行きませんでした。ようやく昨日4月3日あたりから都内各所で満開の桜が咲いたようでした。
それで今週末は絶好のお花見日和となったのです。
また今日は気温も暖かで、春の訪れを実感することができた1日でもありました。

画像


ところで、今日ぼくが妻を誘ってお花見に行ったのは、少しシリアスな目的もありました。

前にこのブログに書きましたように、昨年辺りから妻の夜遊び、男遊び、アルコール依存がひどくなってきたので、妻と2人きりになって本音で話したいと思ったのです。ぼくは今年は仕事や私事で忙しく、妻との夫婦間のコミュニケーションが不足していたと反省したのです。

満開の桜の中を2人で手をつないで歩きながら、妻の話をいろいろと聞きました。
従来からの友達に加え、昨年に新しい遊び仲間ができ、その人たちとも夜遊びをしているようでした。そういった夜遊び仲間には当然男性もいるわけですが、特定の男性とどうのこうのいうことはないようでした。
息子(今月から中2です)が自立して親の相手をしてくれなくなり、その空白が夜遊びに向かったということのようでした。

久しぶりに妻とゆっくり話をして、妻のことが信じられるようになりました。妻の話に辻褄があって安心したとか、そういう意味ではなくて、20年も妻と一緒に暮らしているわけですから、妻が本心を語ってくれていることがはっきりと確信できたのです。また自分自身、妻の寂しい気持ちに対する理解がなかったことは反省させられました。
心の中のうやむやが取れ、晴れ晴れしたような気持ちになることができました。

心配が全く解消されたというわけではないですが、当面は心配ないと思ったのです。
お花見の最後の方には、桜をバックに妻のスナップ写真を撮ったりしました。

結婚して何年経っても、こういう夫婦のコミュニケーションの機会は必要だと実感させられました。もう少し暖かくなったら、2人でサッカーの試合でも見に行こうと思いました。


ところで、妻の一昔前の女子高校生のように短いスカートについても話してみました。妻は、自分はずっとミニスカートが好きで、ミニしか持っていないし、誰からも「ミニスカートの女性」と認識されているので、こればかりは40才、50才になっても止められないとのことでした。
これを聞いてぼくは、少し心配しながらも、(当然だと思いますが)嬉しい気持ちになったのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック