W杯、デンマーク対カメルーン

6月19日(日本時間20日)行われた南アW杯グループリーグE、デンマーク対カメルーンをTV観戦した。

両チームとも初戦を敗れているだけあって、カメルーンはもちろん、ふだん守備的なサッカーをするデンマークも積極的な攻撃を見せた。カメルーンはA・ソングら日本戦を欠場した選手を起用したのが奏功し、日本戦よりもずっとよい動きを見せた。見ていて面白い試合となった。

前半10分カメルーンがエース・エトーのゴールで先制すると、デンマークも33分エース・ベントナーのゴールで同点に追いついた。その後、カメルーンはエトーのゴールはポストに当たる不運があった。

後半16分、デンマークはカウンターからMFロメダールのゴールのゴールで勝ち越した。この場面、カメルーンのDFの反応が悪かったのではないだろうか。
20分を過ぎると、デンマークは守備的なゲームに切り替え始めた。これに対し、カメルーンはDFの選手をFWの選手に代えるなど最後まで攻め続けたが、惜しくもデンマークのゴール・ネットを揺らすことはできなかった。

これでカメルーンはグループリーグでの敗退が決まり、オランダの決勝トーナメント進出が決まった。オランダは決勝トーナメント一番乗りだ。
これで25日の日本対デンマークが、勝った方が決勝トーナメント進出という大一番になる。引き分けなら得失点差で日本だ(両国ともカメルーンには1点差勝利だが、日本がオランダに1点差で敗れたの対し、デンマークはオランダに2点差で敗れている)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック