囲碁の中高生全国大会の結果

7月25日の記事で、息子(中3)の通学する私立A校の囲碁部が、高校チーム、中学チームとも全国大会出場を果たしたという話をしました。
今回はその結果の報告です。

まず7月26日から東京・市ヶ谷の日本棋院会館で行われた全国高校囲碁選手権で、A校高校チームは、残念ながらグループリーグで敗退しました。成績は2勝1敗でしたが、同じリーグに3連勝の学校があったので、決勝トーナメントに進むことはできませんでした。


8月1日から行われた少年少女囲碁大会の中学生の部では、A校中学チーム(息子は主将を務めました)は、グループリーグで、
 対B校 不戦勝
 対C校 2対1
 対D校 2対1
の成績で、しぶとくグループリーグを突破しました。
そして翌日2日に行われた決勝トーナメントに駒を進めました。

決勝トーナメントでは、
 1回戦 対E校 2対1
 準決勝 対F校 1対2
 3位決定戦 対G校 3対0
となり、3位に入賞したのです。

A校中学チームは、東京大会で5位に終わり、4位までに与えられる全国大会出場資格を逃し、補欠繰上げによる出場でした。ですから、大会前は、グループリーグ突破が厳しいと見られていました。
それなのに、終わってみれば3位とは予想を覆す健闘でした。特にD校とE校は強豪でよく勝てたと思います。
A校の選手たちはよく頑張ったと思います。

息子は銅メダルを持ち帰ってきました。
今年は主将ということでプレッシャーを感じていたらしく、大会の前夜、何回もトイレに行くなど神経質になっていましたが、主将の責任を果たすことができたと思います。


なお少年少女囲碁大会の中学生の部で全国優勝を果たしたのは、栃木市立栃木南中学校でした。

同校は一昨年、選手3人の全員が中1なのに、彗星のように現れ全国優勝を果たしました。
選手たちが中2になった昨年は5位でしたが、中3になった今年は再び全国優勝を果たしました。
3年間で2回の優勝とは、すばらしい成績です。
3人のチームワークの勝利だと思います。
また3人は、囲碁のおかげで充実した中学校生活を送れたのではないでしょうか。
栃木南中学校の選手の皆様には、この場を借りて、おめでとうを申し上げたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック