サッカー、日本対ガーナ(5月30日)

今日5月30日(水)、横浜の日産スタジアムで行われた日本代表対ガーナ代表の親善試合をテレビ観戦した。
来月に迫ったワールド・カップに向けた日本代表の壮行試合であり、この4月に解任されたヴァイド・ハリルホジッチ監督の後を承けて就任した西野朗監督にとって初試合でありその手腕が注目される試合である。

日本は戦前の噂通り、これまでの4バックを変えて3バックを採用した。すなわち、これまでボランチだった主将の長谷部を最終ラインに下げてリベロ(3バックの真ん中の位置)の位置に置き、吉田・槙野と共に3バックにした。そしMFは左から長友、大島、山口、原口の4人、FWは左から宇佐美、大迫、本田で、3-4-3のシステムを採用した(GKは川島)。

日本は開始直後、自陣ゴール前でガーナにクロスを入れられ、長谷部のヘディングで辛うじてクリア。試合の入り方が悪かった。4分、長友のドリブルから大迫がシュートしたが相手GKの正面だった。
9分、自陣ゴール前でガーナにFKを与えてしまい、それをMFパーティーに直接決められ、先制を許してしまった。これは日本選手が作った壁に隙間があり、そこをパーティーに突かれたもので、日本のミス、コミュニケーションの悪さがもたらした失点だった。
その後日本はパスでつないだり、両サイドを使うなど、前任のハリルホジッチ時代にあまり見られなかった攻めを見せ、34分の本田のシュートなど惜しい場面はあったが、得点には至らず、1-0のまま前半を終了した。

日本は後半、原口→酒井高、宇佐美→香川、大迫→武藤と3人の選手を交代してスタートした。活躍していた原口を代えたのは勝負という観点からは疑問だが、西野監督は酒井高が右サイドでどれだけやれるか試したかったのかもしれない(だが、右サイドの専門職である酒井宏に代えなかったのはなぜだろうか?)。
後半1分武藤、2分香川と代わった選手が立て続けにシュートしたが決まらず、逆に一瞬の隙を突かれて速攻を受け、ガーナにPKを許してしまった。これをガーナFWポアテングが決め、2-0とガーナがリードを広げた。
この後日本はパスミスなどコンビネーションの悪さが目立つようになり、ガーナのカウンターを受けてピンチに陥ることが多くなった。14分に山口・本田に代えて柴崎・岡崎を投入し、更に30分には長谷部に代えて井手口を投入し4バックに変えたが実らず、0-2のままタイムアウト。日本はガーナに敗れた。

後半は、前半に活躍していた原口・本田を下げたせいもあり、ミスが多く、失点が1点で済んだのは幸運なくらいだった。
前半・後半を通じて日本に決定的なチャンスはなく、完敗と言える敗戦だった。

管理人がこの試合を見て感じた感想は、本ブログの明日の記事で書いてみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック