ラグビーW杯、スコットランド対日本(10月13日)

昨日10月13日、横浜国際総合競技場で行われたラグビーW杯日本大会グループA、スコットランド対日本をテレビ観戦した。
両国にとって決勝トーナメント進出をかけた一戦である。ただしこれまで3戦3勝のジャパンにとっては、たとえ敗れても、7点以内の敗戦か4トライ以上を取ることによりボーナスポイント1を取得すれば決勝トーナメントに進出することができるという、やや有利な立場だった。

互角の立ち上がりから前半5分、スコットランドはSOラッセルが右のタッチライン際にキックパスをし、これはジャパンのSO田村のカバーリングで防がれたが、ジャパンのゴール前で連続攻撃を仕掛け、6分、最後はラッセルのトライ(SHレイドロー、G)で7ー0と先制した。
これに対しジャパンは、10分頃から敵陣内で攻め続け、16分に得たPGチャンスは田村が失敗したが、その直後分左に展開し、WTB福岡→WTB松島とボールが渡って松島のトライ(田村、G)で7ー7の同点とした。
さらにジャパンは20分頃からスクラムで優位に立ち始めた。
21分頃、今大会強力なスクラムで活躍している右PR具智元が肋骨を痛め、ヴァルアサエリ愛と交代した。
25分、敵陣内で松島がブレイクし、タテにつないで、左PR稲垣がトライ(田村、G)。14ー7とリードを奪った。
38分、スコットランドのスクラムでの反則で得たPGは田村が失敗したが、その直後ジャパンは、敵陣内で左に展開し、CTBラファエレの上手いグラバーキックを福岡がスピードを生かして拾い上げ、トライ(田村、G)。
21ー7で前半を終了した。
前半はジャパンがボールのポゼッションでもテリトリーでも圧倒し、大半の時間がジャパンの攻撃タイムとなった。

後半も開始早々、ジャパンはセンターライン付近で相手ボールにプレッシャーをかけ、ボールを奪った福岡が50メートルを走り切りトライ。田村のゴールで28ー7とリードを広げた。
しかし敗れるとグループリーグでの敗退が決まってしまうスコットランドも必死である。9分、FWのタテ突進から右PRネルがインゴールで押さえ、レイドローのゴールも決まり、14ー28とした。
ジャパンは10分、これまでの試合と同様、SH流に代えてベテラン田中史朗を投入した。
さらにスコットランドは15分、ボールをつないで、ネルの交代で出場していた右PRファガーソンのトライ(ラッセル、G)と21ー28と急接近した。1トライ1ゴールで追い付ける点差である。
このあたり、管理人はジャパンに前半攻め続けた攻め疲れが出ているように思った。

これから25分はまさに死闘、見応えがあった。
後のないスコットランドはボールを継続して必死に攻めようとする。ジャパンは激しいディフェンスで防ぐ。両チーム必死の攻防が続いた。ジャパンは主将のリーチや主力HO堀江も交代させた。NO8姫野は必死のターンオーバーも見せた。中村・ラファエレの両CTBは激しいタックルを繰り返した。ジャパンの激しいディフェンスに遭って、スコットランドは攻めあぐね、少しずつミスが出始めた。
そしてついに歓喜のノーサイド。ジャパンがスコットランドを下した。

これでジャパンはグループAを4戦全勝で首位通過。2位はアイルランドとなった。
ジャパンは前回大会で強豪南アフリカを下すという大番狂わせを演じ、グループで3勝1敗の好成績を収めながら(その1敗はスコットランドに喫したもの)、勝ち点の差で決勝トーナメント進出を逃した。今回は文句なしの首位通過である。決勝トーナメント1回戦の相手は南アフリカに決まった。

今日の試合を見てジャパンが強くなったことを痛感した。スコットランドは北半球の古豪だが、ジャパンはフィジカルの強さで決して負けなかった。スクラムはむしろジャパン優位、ラインアウトは互角。スタミナも最後まで持ち堪えた。むしろスコットランドの方が最後の方はスタミナ切れを起こしている感があった。
スコットランドに対して何ら術策を用いず、堂々と正面から戦い、正面から勝ったということだ。

だが8年前の前々大会、ジャパンは0勝3敗1分という不成績だった。NZ、フランスに敗れたのは仕方がないとしても、トンガに敗れカナダと引分けている。今大会のカナダは3敗1分(1分は台風によるもの)だったが、8年前のジャパンはそのレベルのチームだったということだ(余談になるが、カナダ選手たちは、中止された4試合目の試合会場だった釜石で、被災地の救護活動を行い、現地の人々に大きな感銘を与えた)。たった8年間で、信じられないようなチーム力をアップさせたことになる。
2012年にジャパンの監督に就任したエディー・ジョーンズ氏の指導力により、飛躍的にチーム力が向上し、2016年からジョーンズ監督の後を襲ったジェイミー・ジョセフ監督の下で花開いたということなのだろう。
またエディー・ジョーンズ時代から主将を務めているリーチマイケルは、試合を見ているだけでは分からないが、抜群のリーダーシップを持っているようだ。

またジャパンは昨日のスコットランド戦でプレー中ほとんどキックを蹴らなかった。対戦相手を緻密に分析し、的確な戦術を立て、選手に実行させるという、真の強豪と言われるにシステムができている、ということだ。
決勝トーナメント1回戦の相手・南アは、先月9月初めにウォーム・アップ・ゲームを行い、7ー41と完敗した相手である。また南アは前回大会でジャパンに不覚を取るという屈辱を舐めており、来週行われる試合ではジャパン戦では全力を注いでくるだろう。
ジャパンとしても、胸を張って堂々と全力で強豪・南アフリカに立ち向かってほしいと願っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント