ラグビーW杯、南アフリカ優勝!

フランスで開催されていた第6回ラグビーW杯は、10月20日(日本時間10月21日早朝)、決勝戦が行われ、南アフリカがイングランドを15対6(前半9対3)で下し、95年以来2度目の優勝を遂げた。

決勝戦のせいか、両チームともキックを中心にした慎重な試合運びを見せた。両チームともトライを奪うことはできないなか、5PG(モンゴメリー4PG、ステイン1PG)の南アフリカが、2PG(ともにウィルキンソン)のイングランドを下した。
南アフリカの勝因はラインアウトでの優位、接点でやや上回ったこと、堅い守り、特にFBモンゴメリーの安定したフィールディングなどが挙げられると思う。戦前劣勢を予想されていたイングランドはFWが健闘し、特に後半は相手陣内で戦う時間が多かった。しかし南アフリカの堅守に阻まれ、トライを奪うことはできなかった。

南アフリカの優勝は、日本代表以外ではずっと南アを応援していたぼくにとって大変嬉しいです。
大会を通じての感想は、また別に記事を書きます。

"ラグビーW杯、南アフリカ優勝!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント