息子の中学校の入学式

昨日4月5日(土)は、息子(中1)の中学校の入学式の日でした。息子は私立の中学校に進学することになったので、入学式は公立中より少し早かったのです。妻ととともに出席しました。幸い、晴天に恵まれました。

入学式は午後1時からでした。息子の進学先の中学校は、電車を乗り継いで約1時間かかります。ぼくたち一家は午後0時半かその少し前に中学校に着いたのですが、すでに多くの生徒と父兄が到着していて、校門付近で写真を撮ったりしていました。

午後1時から始まった入学式は、校長先生や来賓の方々の話、入学生代表のあいさつ、クラス担任の先生の紹介等からなるものでしたが、見事なくらい簡にて要を得た入学式で、たった30分くらいで終わりました。

その後、息子を含む生徒たちは、クラスごとに担任の先生に引率されて教室に向かいました。担任の先生からこれからのことについて話があるそうでした。ぼくたち父兄は、息子が戻ってくるまでの間やることがないので、校舎の中を見てまわりました。まだ桜が咲いていたので、何枚か写真を撮りました。

画像


桜吹雪というほどではなかったですが、風が吹くたびに桜の花が散るのがたいへん綺麗で、印象に残りました。妻は息子の塾仲間のお母様と出会い、あいさつを交わしました。

1時間半ほどで息子は戻ってきたので、3人で帰路に付きました。途中、新宿の伊勢丹写真館で、中学入学を記念して家族写真を撮影してもらいました。あらかじめ予約してあったので、これも順調に終わりました。

こうして入学式はスムーズに終わったのですが、息子は帰路に体調が悪い旨を訴え始めました。しかし帰宅して様子を見ると大丈夫なようでした。どうやら過度の緊張からくるものだったようです。また妻はふだん着慣れない着物を着たので、ヘトヘトに疲れたようでした。

今週から始まる息子の中学校生活、果たしてどうなるでしょうか。何事も慣れるということが肝腎だと思います。1日も早く、新しい中学校に慣れて、通学を楽しみにするようになってほしいものです。



"息子の中学校の入学式" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント