テーマ:ラフマニノフ

ユジャ・ワン/アバドのラフマニノフ「パガニーニ狂詩曲」

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲 - ユジャ・ワン, ラフマニノフ, アバド(クラウディオ), ユジャ・ワン, マーラー・チェンバー・オーケストラ 今日は暦上春の最後の日ということになります。今春は、新型コロナウイルスの感染拡大により日本人の社会・経済上の行動が停止又は大きな変更を余儀なくされた春として、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ユジャ・ワン/アバドのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」

東京は一昨日から昨日にかけて雪が降り、今日も曇り空の寒い1日です。今年は厳冬のようです。 今日は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18を聴きました。演奏はユジャ・ワン(p)とクラウディオ・アバド指揮マーラー・チェンバー・オーケストラです。2010年4月のライブ録音です。 ラフマニノフのピアノ協奏曲は4曲あるのですが、管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザンデルリングのラフマニノフ「交響曲第2番」

今日の東京は曇天で、蒸し暑い1日でした。 管理人は家内と共に入院中の親戚の見舞いに行きましたが、それだけでかなりの疲れを感じました。50歳を過ぎると体力の低下が著しいようです。健康に気をつけなければならないと改めて感じます。 さて、今日聴いたのはラフマニノフの「交響曲第2番」です。クルト・ザンデルリング指揮フィルハーモニア管弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボザール・トリオのラフマニノフ「悲しみの三重奏曲第2番」

今日はたいへん天気に恵まれました。1年中今日のような気候だったらいいのに…と思うような1日でした。 今日は、気候に似合わないかもしれませんが、ボザール・トリオの演奏するラフマニノフのピアノ三重奏曲第2番を鑑賞しました。録音は1986年5月です。 ボザール・トリオの当時のメンバーは、メナハム・プレスラー(p)、イシドーア・コーエン(v…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシュケナージのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」

今日はラフマニノフのピアノ協奏曲第3番ニ短調を聴いてみた。演奏はウラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)とベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団で、1985年8月の録音である。この曲は、アシュケナージにとって同曲4回目の録音である。 ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番。この曲は、今でこそ、実演と録音の両…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アシュケナージのラフマニノフ「24の前奏曲」

4月1日「勝手にラフマニノフの日」(当企画開始1周年を記念して)」について 明日4月1日はgarjyuさんとmiwaplanさんの共同企画「勝手にラフマニノフ」の日です。これを機にラフマニノフの「24の前奏曲」を聴いてみました。演奏はウラディーミル・アシュケナージ、1974年1月・75年4月の録音です。 24の異なる調性の作品集…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ハレル&アシュケナージのラフマニノフ「チェロ・ソナタ」

ラフマニノフの「チェロ・ソナタ ト短調」作品19は人に知られざる名曲といえるのではないだろうか。演奏会でもあまり取り上げられないようだし、録音も少ないように思う。今日聴いたのは、チェロがリン・ハレル、ピアノがウラディミール・アシュケナージ、1984年9月の録音である。 この曲は、急―急―緩―急の4楽章編成を取っている。第1楽章は急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more